top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ME:I初のファンコンサートが全公演終了!最終公演で見せた成長と11人のチームワーク

HOMINIS

2023年10月に開催されSNSで毎回トレンドの上位を席巻した話題のサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」にて、同年12月に結成されたガールズグループ”ME:I”(ミーアイ)。

初のファンコンサート「2024 ME:I LAUNCHING SHOW ME:ICONIC」の追加公演が4月14日に国立代々木競技場第一体育館にて開催された。東京・東京ガーデンシアター、大阪・おおきにアリーナ舞州、そして4月13日・14日の国立代々木競技場第一体育館公演と全9公演を実施した彼女たち。観客数は計6.5万人を動員した。

「2024 ME:I LAUNCHING SHOW ME:ICONIC」のステージでME:Iポーズをするメンバー

(C)LAPONE GIRLS

開演前からビジョンに映し出されるメンバーの映像に大きな声が贈られ、期待に胸を膨らませていたYOU:ME。場内が暗転すると、大歓声で場内を埋め尽くす。そこへシルバーの衣装に身を包んだメンバーが一人ずつ花道をランウェイのように進む。最後にMOMONAがランウェイから後ろを向くと、メインステージに10人が待ち構え。ゆっくりと合流した11人は「想像以上」でコンサートをスタート。

オーディション課題曲でもあり、4月17日(水)にリリースされるデビューシングル「MIRAI」にも収録される「CHOPPY CHOPPY(ME:I Ver.)」をキュートに披露したあと、MCにNICE73を迎えてトークへ。序盤から大盛り上がりのYOU:MEの様子にMOMONAは「皆さんの勢いと声援に負けそう」と感激しつつも「でも絶対に負けないように頑張っていきます」と意気込みを語り、RANも「この熱を最後まで燃やし続けて一緒に楽しんでいきましょう」と呼びかける。

広告の後にも続きます

(C)LAPONE GIRLS

そして11人はライブを再開。デビューシングル収録曲の新曲「Sugar Bomb」はSUZUいわく「ムードで可憐な曲」。ハンドマイクとマイクスタンドを使った艶やかな振り付けや歌声、レーザーを使ったクールな演出で”私たちと共に行こう”という想いを届ける。それぞれのキャッチコピーと共に、メンバー自身が自分の強みや武器を語った映像が映し出され、最後に「次のME:Iはもっと変化します」との文字が出されると、11人は追加公演からセットリストに加えられたオーディション課題曲「TOXIC」をパフォーマンス。KOKONAが歌い出しのパートを力強く歌い出すと、大歓声が上がった。「変化します」との言葉通り、前半の3曲とは違う激しさとパワーで魅力。またオーディション時とは異なる構成であるME:I 11人によるパフォーマンスで、改めて一人一人の成長と11人のチームワークをしっかりと見せつけた。

さらにAYANEが「今日来てくれたYOU:MEのためにもう一つサプライズステージをご用意しました」と言うと、SHIZUKUが「つづ(TSUZUMI)と私がポジションバトルで披露した安室奈美恵さんのHEROをカバーします」と紹介。11人はセンターステージで大きな円形になると、丁寧に同曲を歌い上げる。隣に立ったTSUZUMIとSHIZUKUがハモるパートでは二人が見つめ合いながら歌唱するなど、オーディションを彷彿とさせる一幕も。曲の最後にはクラップを煽り、場内を感動的なムードで包まれた。歌い終えたあとにはTSUZUMIが「いつかしーちゃんと『一緒に歌いたいね』と話をしていて。こんなにも早く皆さんの前で披露させていただけてうれしいです」と感動を伝えた。

(C)LAPONE GIRLS

デビューシングルのタイトル曲「Click」の披露前には”Click Challenge”が。RAN、MIU、SUZUの3人が、同曲のサビ部分の”ディティールを加えたバージョン”の振り付けを、「私たちに投票してくれたようにスマートフォンを操作するように」「こっちの腕は動いてはダメです。YUMEKIさんに怒られます(笑)」「顔の周りをきらきらさせるように」「盛れる角度で」などと説明しながらレクチャーがされ、説明後には、3人によるClick Challengeの撮影も。リレーダンス形式での撮影をすることになるも一度失敗してしまい2回挑戦するという、ファンコンサートならではのナチュラルな姿も見せた。撮影後にはいよいよ11人で「Click」のパフォーマンスへ。YOU:MEからの掛け声も完璧で、YOU:MEとME:Iの関係性を感じられるステージとなった。

(C)LAPONE GIRLS

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル