top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

霜降り粗品、水原一平容疑者のギャンブル回収率を評価「70何%ってすごい」SNSでは「粗品より勝ってる」との声も

SmartFLASH

写真:西村尚己/アフロスポーツ

 

 4月12日深夜、お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品が、『霜降り明星のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演。ドジャースの大谷翔平選手の口座から1600万ドル以上(約24億5000万円)を不正送金したとして、銀行詐欺の疑いで訴追された元通訳の水原一平容疑者のギャンブルでの「回収率」について語る一幕があった。

 

 スポーツ専門局「ESPN」が訴状の内容として伝えたところによると、水原容疑者は2021年12月から違法スポーツ賭博を始め、2024年1月までに賭けた回数は約1万9000回。1日あたり平均25回にのぼり、1回あたりの賭け金は1500円から約2400万円と幅広い。約218億円は勝っていながら、負けた金額は約280億円で、収支はマイナス約62億円にのぼっている。

広告の後にも続きます

 

 

 この報道を受けて4月12日、「X」では《生涯収支マイナス62億円君》がトレンド入り。競馬好きで、「生涯収支マイナス3億円君」と自称する粗品は、自身の「X」にトレンド入りの画像を貼ったうえで《お兄ちゃん。。。》とつぶやいていた。

 

 この日のラジオで相方のせいやから、「お兄ちゃんとか、もうお前、連邦のアレやからな。連邦捜査官に、お前話聞かれんぞ」とツッコまれた粗品は、水原容疑者のマイナス金額の多さを「すごい」と認める一方、こう評価した。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル