top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

野村彩也子アナ休養…父・萬斎は「日曜劇場」初出演も叶わなかった親子の“悲願”

女性自身

野村彩也子アナ休養…父・萬斎は「日曜劇場」初出演も叶わなかった親子の“悲願”(C)女性自身

4月14日にスタートする新ドラマ『アンチヒーロー』(TBS系)。主演の長谷川博己(47)の脇を固めるのは、北村匠海(26)、堀田真由(26)ら人気俳優陣。なかでも特に目を引くのは、日曜劇場初出演となった狂言師・野村萬斎(58)だ。

 

殺人犯をも無罪にしてしまう弁護士を主人公に、司法の世界を描く本作。萬斎は東京地検トップの検事正を演じる。萬斎は出演にあたって、《連続ドラマは、毎話毎話放送後に視聴者の皆さんの反応を肌で感じることができるので、そのリアルな反応も今から非常にワクワクしております》と意気込んでいた。

 

しかし、その胸中には複雑な思いがあるようで――。

広告の後にも続きます

 

「愛娘でTBSアナウンサーの野村彩也子アナ(26)のことが気がかりなようです。萬斎さんは、長男である裕基さん(24)とは狂言の師弟関係であることから厳格に接してきたいっぽうで、彩也子アナのことは溺愛してきたそうです。彩也子アナの出演番組を見ては、話し方だけでなく目線の配り方などにもアドバイスをしていたというほどです」

 

こう語るのは制作関係者。20年にTBSに入社した彩也子アナ。入社1年目から『あさチャン!』や『ひるおび』など人気番組を担当した。

 

「2年目にはテレビ・ラジオ合わせて10本ものレギュラー番組を抱えていました。人当たりがよくスタッフ受けも抜群。将来を嘱望された存在だったのですが……」(前出・制作関係者)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル