top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「旧車會」に異変、若い女性が増加中。今どきの若者たちに「昭和の族車」がウケる謎――仰天ニュース・大反響トップ10

日刊SPA!

反響の大きかった2023年の記事から選ばれたジャンル別トップ10。今回は集計の締切後に、実は大反響だった11月12月公開記事に注目。惜しくもトップ10入りを逃した記事を順不同で紹介!(集計期間は2023年11月~2024年1月。初公開2023年11月17日 記事は取材時の状況) *  *  *

 こんにちは。伝説のレディース暴走族雑誌『ティーンズロード』3代目編集長をやっていた倉科典仁と申します。ティーンズロードは1989年に創刊され、90年代には社会現象に。現在は廃刊となっておりますが、そんな本誌に10年以上携わっていました。

◆交通ルールを守って走る“暴走族スタイル”の「旧車會」

 ここ数年、私がプロデュースしている『実話ナックルズ』(大洋図書)のYouTubeチャンネル「ナックルズTV」では様々なネタを配信していますが、その中でも個人的には「旧車會」という存在が気になっています。

「旧車會」は、まさに私がやっていた「ティーンズロード」の時代に暴走族が乗っていたバイクや車、いわゆる“族車”の改造を再現している方々のことで、不良少年たちも30年以上経った今は、立派なおじさんです。

 当時は若くてお金がなかったので思うように改造もできませんでしたが、現在は経済力を得て、当時はできなかった改造を施しているわけです。

 もちろん、基本的にはもう“大人”なので、あくまで交通ルールを守ってツーリングを楽しんでいます。高速道路の料金を払わなかったり、チーム同士で喧嘩をしたり、暴走族のような蛇行運転をしたりという“暴走行為”はしません。

 あくまで、“暴走族スタイル”です(ただし、テンションが上がりすぎて昔のような走りをして問題になっている方も一部にはいらっしゃるようですが……)

 そんな「旧車會」の方々は全国各地に存在しており、定期的に「旧車イベント」が開催されているのですが、イベント主催者も事前に「イベント会場に来る際は自走して来ないでください」と通達しています。皆さん、会場までは、トラックやキャリヤカーなどに自慢の愛車を積んで来るという対応をされているわけです(私はそう認識しています)。

 とはいえ、イベント会場(人里離れたサーキット場や貸切状態の巨大な駐車場)の中に一歩踏み入れると、そこからはおじさんたちもリミッターを外して少年の頃に戻ります。

◆昔ヤンチャだったおじさんたちが少年時代に戻って…

 イベントの主な内容は、次のようなものです。たとえば、時間を決めて自由に爆音を立てて走る「走行会」。バイクのアクセルを巧みにコントロールしてリズムを刻む“コール”のテクニックを披露する「コール大会」。前輪を浮かせて後輪だけで走る“ウイリー”の技を競う「ウイリー大会」などなど。ヤンチャなおじさんたちが、昔培ったテクニックを少年時代に戻って披露する「晴れ舞台」ってわけです。

 イベントの合間にはステージ上で歌手がうたったり、芸人さんがものまねしたり。会場には大晦日や初詣ばりに露店が並び、多くの人で賑わいます。入場料もそれなりに高いわけですが、そこには非日常感があって、参加者も「お金に糸目はつけない」わけです。

 ただ、やはりハメを外して盛り上がってしまうために、最近はイベント会場として貸してくれる場所も少なくなってきているとか……。それでも「旧車愛」はさめることを知らないといった感じなのです。

◆旧車會の「世代交代」、イベントには若者たちの姿も

 私は何度も旧車イベントの取材に行っているのですが、その中でも気になっているのが、「旧車會の世代交代」です。

 先程もお話しましたが、今イベントに来られているメインの層は40代~50代のおじさんです。

 しかし、そこに混じって、20歳前後の若い子が目立つようになってきています。旧車好きの両親の元で育ったせいか、その子たちも「旧車」に憧れるようになり、今やお父さんが作ったバイクにまたがり、イベントやツーリングにも参加しているというのです。

◆おじさんに混じって「若いギャル」が増加中!

 さらに驚くべきことは、旧車に乗る女の子たち(娘さん)も増えていることです。お父さんたちに話を聞くと「うちは子どもたちに旧車をすすめたことは一度もないし、強要もしていないです。ただ、本人が『旧車が好きで旧車に乗りたい』と言うので、ちょっと心配ではありますが協力してあげています」とのこと。

 一方、娘さんたちに話を聞いてみても「両親に旧車に乗れと言われたことはないけど、単純に昭和の旧車ってカッコいいし、乗りたいと思ったから乗ってます!」と明るく言います。

 当然のことながら、彼女たちは昭和や平成の暴走族を直に見たことはありませんし、レディースを作って「喧嘩上等!全国制覇!」なんて気持ちも一切ありません。

 また、服装やメイクも「今どきのギャル系」です。それで旧車にまたがる姿は、「ヤンキー×ギャル=ヤンギャル」。令和版ハイブリッドギャルなわけです。

 昭和から平成のレディースを取材し続けてきた私には、今どきの「ヤンギャル」の気持ちを理解するにはもう少し時間がかかりそうですが、昭和の族車のビジュアルに憧れているということは間違いありません。

 まぁ、もしも「ヤンギャル」という若者たちの新しいカルチャーが定着したとしても、令和は令和です。昭和や平成の頃とは違うので、あくまでルールを守りながら少しだけヤンチャな青春を楽しんでくれればいいと思うわけですが、読者の皆様はどう感じますでしょうか。

<文/倉科典仁(大洋図書)>



【倉科典仁(大洋図書)】
伝説のレディース暴走族雑誌『ティーンズロード』をはじめ、改造車だけを扱うクルマ雑誌『VIP club』や特攻服カタログ『BAMBO』、渋谷系ファッション雑誌『MEN’S KNUCKLE』など、数々の不良系雑誌の編集長を務めて社会現象を起こす。現在は、大洋図書発行の実話誌『実話ナックルズ』のYouTubeチャンネル「ナックルズTV」や、ギャル男雑誌『men’s egg』をWebで復活させたYouTubeチャンネル「men’s egg 公式」のプロデューサーとして活躍中。
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル