top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

いずれ“1兆円企業”になる可能性も。「メガネレンズ国内シェア1位企業」がトップを走り続ける理由

日刊SPA!

経済本や決算書を読み漁ることが趣味のマネーライター・山口伸です。『日刊SPA!』では「かゆい所に手が届く」ような企業分析記事を担当しています。さて、今回はHOYA株式会社の業績について紹介したいと思います。
3月末にシステム障害が発生し、JINSやZoffへの供給不安で話題となったメガネレンズ大手のHOYAですが、メガネレンズ以外にも内視鏡や半導体材料、光学ガラス材料など様々なガラス関連製品を生産しています。

特筆すべきは製造業にして高い利益率を誇る点であり、独立採算制で各事業部を個別会社のように扱い、無駄の排除を徹底することで高利益率を実現してきました。同社の事業構造や近年の業績について触れていきたいと思います。

◆創業は1941年。「アイシティ」も運営

HOYAは1941年、光学ガラスを製造する東洋光学硝子製造所として創業されます。45年にはクリスタルガラス食器の生産を始め、62年には現在の主力事業である眼鏡用レンズの生産を開始。追って72年にはソフトコンタクトレンズの製造を開始しています。ちなみにコンタクトレンズ専門店「アイシティ」はHOYAが運営しています。

1973年には東証一部上場となり、74年からは半導体用マスクサブストレート(ガラス基板のこと)の製造を開始し、半導体関連事業に参入。その後、83年には半導体フォトマスク、91年にはHDD用ガラスディスクの供給を始めました。

2007年にカメラメーカーのペンタックスを連結子会社化、11年には同社のカメラ事業を手放しましたが、内視鏡事業はHOYAが引き継いでいます。2009年には採算性の悪かったクリスタル事業から撤退しているのです。

◆メガネレンズは「業界シェア2位」

2010年代以降はライフケア分野への投資を加速させ、国内外で内視鏡洗浄装置や医療機器など、メガネレンズや医療関連で様々な企業を買収しています。2022年度における各事業の主力製品と売上高比率は次の通りです。

ライフケア事業(ヘルスケア関連):49%:メガネレンズ・コンタクトレンズ
ライフケア事業(メディカル関連):17%:内視鏡、白内障用眼内レンズ、人工骨
情報・通信事業(エレクトロニクス関連):29%:半導体マスクブランクス、フォトマスク、HDD用ガラス基板
情報・通信事業(映像関連):5%:光学レンズ、LED光源

メガネレンズを主力として半導体ガラス基板も生産するHOYAですが、供給先は主に海外であり、海外売上高比率は76%です。そして2023年3月期の業績は売上高が7,236億円であるのに対し、当期利益は1,688億円と対売上比で23.3%と圧倒的に高い利益率を有しています。通常、企業の純利益率は業種や時期にもよりますが3~5%が相場です。とはいえ任天堂のように工場を持たないファブレス経営をしている訳ではなく、各国に製造拠点を構えています。

高い利益率を実現できる理由として、半導体関連などそもそも付加価値の高い製品を扱っていることもありますが、各製品で高シェアを握っている事が挙げられます。メガネレンズでは業界シェア2位であり、国内ではトップです。

◆なぜ高い利益率を実現できているのか

そして、世界中でHOYAとAGCしか生産していないと言われるEUVマスクブランクスでは8割ものシェアを握っています。その他の製品でも高シェアを有しています。得意分野に特化することで特定の市場において優位性を保ってきました。

また、各事業部が独立した会社のようにふるまう独立採算制も高利益率をもたらしています。本部の経営陣と業務を担当する事業部は明確に分けられており、各事業部は四半期ごとに予算を立て、予算会議では経営陣が精査します。コスト削減に余念がなく、無駄を省き利益を出すよう求められるようです。

日本企業では珍しく、HOYAはかつてより「株主重視」を掲げてきました。ちなみに新卒一括採用はせず、各事業部が採用を行うため中途採用比率が高いのも同社の特徴です。人員削減の多い企業としても知られています。

◆コロナ禍でも高い利益率を維持

高収益企業のHOYAはコロナ禍でも高い収益率を維持してきました。2020年3月期から23年3月期までの業績は次の通りです。

【HOYA株式会社(2020年3月期~23年3月期)】
売上収益:5,765億円→5,479億円→6,615億円→7,236億円
当期利益:1,146億円→1,252億円→1,653億円→1,688億円
売上高(ライフケア事業):3,750億円→3,418億円→4,075億円→4,746億円
売上高(情報・通信事業):1,967億円→2,010億円→2,484億円→2,443億円

21年3月期はコロナ禍での外出自粛等によりメガネ・コンタクトレンズの需要が落ち込み、ライフケア事業の業績は落ち込みましたが、巣ごもりでIT関連の需要はあり、情報・通信事業は堅調に推移。その後、22年3月期、23年3月期はアイケア市場全体の成長もあってライフケア事業は拡大しています。海外比率が高いため近年の円安も売上高の増大要因です。

ちなみに情報・通信事業においては23年3月期で横ばいとなり、24年3月期では第3四半期で150億円の減収となりました。これは半導体市場全体の動きを反映したものです。23年度はスマホ・PC需要の冷え込みや中国経済の減速などが原因で、当初より落ち込むと予想されていました。市場の景気がおよそ4年周期で上下する「シリコンサイクル」の不況期にあたります。

◆売上高1兆円企業になるかも?

なお、今後も同社の規模は拡大すると思われます。主力とするライフケア事業については、世界各国で高齢化が進むほか、中間層の拡大や近視人口がさらに増えると同社が予想する通り、アイケア関連は市場が拡大していく見込みです。視力を回復させる画期的な新薬が開発されない限り、HOYAのライフケア事業も伸び続けることでしょう。

同様に情報・通信事業も23年度は不況とはいえ、長期ではデータ流通量の拡大と共に半導体市場も拡大する見込みです。市場拡大に伴って同事業の売上も増えていくと思われます。M&Aも次々に行っています。将来的には売上高1兆円企業になるかもしれません。

<TEXT/山口伸>



【山口伸】
化学メーカーの研究開発職/ライター。本業は理系だが趣味で経済関係の本や決算書を読み漁り、副業でお金関連のライターをしている。取得した資格は簿記、ファイナンシャルプランナー Twitter:@shin_yamaguchi_
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル