top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

73歳“スリのたえちゃん”の「窃盗事件裁判」で明かされた悪質な犯行手口。娘が涙ながらに語った悲痛な思い

日刊SPA!

 3月26日、東京地裁である事件の判決が言い渡された。被告人は73歳の女で“スリ”の常習。捜査員の間では「スリのたえちゃん」と呼ばれていたという。
◆起訴された2件の窃盗事件

 初公判は3月1日、東京地裁(水越壮夫裁判官)で開かれた。被告人は73歳の女、マスクをしていて顔をうかがい知ることはできない。入廷時には、傍聴人を見ることもなく、終始下を向いていた。

 起訴された事件は2件。1件目は昨年10月の午前10時頃、荒川区内の衣料品店で被害者が持っていた手さげバックから約1万円が入っていた財布を、2件目は昨年12月の正午頃、東京・池袋の東武百貨店で同様に、被害者が持っていた手さげバックから約5万円が入っていた財布を盗んだ事件。

 冒頭で、被告人は起訴内容について「間違いございません」と認めた。

◆出廷した娘が涙ながらに話したこと

 検察官の冒頭陳述によると、被告人は前科が複数あり、いずれも窃盗事件を起こしていた。直近には、2019年に懲役3年6か月の実刑判決が言い渡された前科があったという。

 犯行の詳細はこうだ。被告人は被害者の背後から近づき、手提げバッグの中身を確認。その後、被告人は周囲から犯行が見えないように、現場の店舗で販売されている衣服を使って、バックを覆うように隠しながら財布を盗んでいたという。犯行当時、警察官が年末の特別警戒で巡回中、偶然にも被告人を発見したことから行動を注視しており、後方から犯行を現認した警察官に取り押さえられた。

 犯行の動機は「生活苦」だという。被告人は動機について「貯金を切り崩して生活していた。生活費をまかなうためにスリをすることを思いついた」と述べていた。また、被告人の娘から再犯を繰り返していたことから「今回が最後だからね」と言われたとも語っていたという(被告人の調書)。

 公判では、弁護側の情状証人として被告人の娘が出廷。母親である被告人の監督や具体的な支援方法について証言した。

 証人は、弁護人からの「被告人がスリを繰り返す理由はなんだと思うか」という質問に、「病気だなと思っています」と涙声になりながら答えた。また弁護人からの「母親の人物像とスリの犯行を繰り返すのとは、ギャップはあるか」という質問に対して、「とても信じられない」とも胸の内を語った。

◆か細い声で語られた犯行理由

 証人尋問の後、被告人質問が行われた。被告人は今にも消え失せてしまうような、か細い声で質問に答えていく。

弁護人:スリを繰り返す理由は?

被告人:自分勝手で、金銭面など色々な不安があってやってしまいました。

弁護人:スリをする時はどんな気持ち?

被告人:ドキドキしていて、盗った時には今回は大丈夫だとか思っていました。

弁護人:スリをしないために今後はどうする?

被告人:精神科の先生に頼ろうと、お力を借りたいと思っています。

◆再犯しないと誓った過去について問われると…

 検察官からの質問には、刑務所での受刑を繰り返している被告人に対して「刑務所での辛かった経験が、スリをする時に思いつかなかったか」との質問もあり、被告人は「いつも思い出しています」とも答えた。

 一方で、検察官から「前回の裁判で再犯をしないと誓ったがどう思う」との質問に対しては、「盗む時は、そういう言葉は全然浮かびませんでした」とも答えていた。

◆判決の結果は…

 3月15日、第2回公判では論告・求刑が行われた。検察官は、被告人は常習性が顕著で、犯行の手口が巧妙で悪質であると指摘。また、再犯を繰り返しており、「規範意識が頓馬(トンマ)していると言わざるを得ず、更生力も皆無」とも述べ、懲役5年を求刑した。

 一方で弁護人は、被告人の犯行は「決して望んで職業的にスリをしているものではない」としつつ、犯行についても「被告人自身にも、なぜスリを繰り返すのか上手に説明できず、精神的なもの」と主張。被害者へ2万円の賠償金を払ったことなどを理由に、寛大な処分を求めた。

 結局のところ、3月26日の判決公判で懲役4年の実刑判決が言い渡された。

◆窃盗症の再犯者が多い理由

 これまで筆者は多数のスリや万引き事件を傍聴してきた。公判請求されたもののほとんどは、被告人は再犯を繰り返し「悪質」と判断されたものばかり。そして犯行の動機は、育児や離婚によるストレス、摂食障害など様々だ。

 そして、「窃盗症(クレプトマニア)」も多いといわれている。「窃盗症」とは、物を盗みたいという衝動を制御できなくなる病気。盗む目的のため、万引きした商品は捨ててしまうといったケースも存在している。

 法務省が公表している統計データによると、窃盗罪での刑務所入所者の約50%が出所後5年以内に刑務所へ再入所するという(2018年データ。法務省「犯罪白書」より)。これまで筆者が傍聴した事件の多くは、出所後の1年ほどで再犯をして刑務所へと戻るケースばかりだ。

 ただし、決して「窃盗症」だからといって大幅に減刑されるべきではない。それよりも、司法が「治療」を重視した更生プログラムや社会復帰支援などを行うべきではないだろうか。「窃盗症」の多くは原則的に実刑判決の再犯者ばかり。多くの被告人が、公判では「精神科に通院します」と誓うが、数年後の出所時には診察費などの事情から通院が困難となり、結局再犯してしまうことが現実なのだ。

 被告人は最終陳述で、「もう今回で最後にして、残された人生を人間らしく生きたいです」と語っていた。はたして、出所後にまたも“スリのたえちゃん”となることなく、余生を送ることはできるのだろうか。

取材・文/学生傍聴人



【学生傍聴人】
2002年生まれ、都内某私立大の法学部に在籍中の現役大学生。趣味は御神輿を担ぐこと。高校生の頃から裁判傍聴にハマり、傍聴歴6年、傍聴総数900件以上。有名事件から万引き事件、民事裁判など幅広く傍聴する雑食系マニア。その他、裁判記録の閲覧や行政文書の開示請求も行っている。
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル