top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「どうしちまったんだよ一平!」水原容疑者に余罪続々…大谷の資産&偽名で野球カード4880万円購入の“転売ヤー”疑惑

SmartFLASH

(写真・西村尚己/アフロスポーツ)

 

 4月11日、米司法省は、ドジャース・大谷翔平の元通訳・水原一平容疑者を、銀行詐欺容疑で訴追したと発表した。

 

 違法賭博問題でドジャースを電撃解雇された水原容疑者は、当初、賭博で抱えた負債450万ドル(約7億円)を大谷の資産で返済していたと報じられた。だが、今回、大谷の口座から胴元に1600万ドル(約24億5000万円)以上を不正に送金したことが明らかに。既報の額から3倍以上となった巨額の負債に、SNSでは落胆の声が相次いだ。

広告の後にも続きます

 

 

 2021年12月から2024年1月までの約2年間で、負けた総額は約280億円、最大賭け金は約2450万円と、超高額。さすがに野球に関する賭博はなかったというのは、不幸中の幸いか。とはいえ、負けた総額から考えれば、大谷の資産を使い込んでも、まったく返済は追いついていなかったのではないか。

 

 実際、連邦地検の訴状によると、水原容疑者は2024年1月から3月にかけ、プレミアつきの野球カード約1000枚、日本円にして約4900万円相当を購入。「ジェイ・ミン」という偽名を使って、大谷の口座から支払いをおこない、ドジャースのクラブハウスにカードを届けさせたというから驚きだ。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル