top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

リトル清原が語る、清原和博氏との知られざる絆。逮捕直後の取材依頼は「全部断った」

日刊SPA!

自身のスキャンダルによって姿を消した有名人は、自業自得の側面があるからこそ、しっかり禊を済ますべきだと思う。しかし一方で同情してしまうのがものまね芸人だ。あえて名前は挙げないが、本人とセットで表舞台から退場したケースは枚挙にいとまがない。
まさに「本人の逮捕」という憂き目に見舞われた経験を持つのが、清原和博氏のものまねで知られる「リトル清原」氏だ。当時の状況や、清原氏に対する思いの丈を本人に語ってもらった。

◆2回目の共演で“公認”をもらう

――まず、初対面の時のことを教えてください。

リトル清原(以下、リトル):清原さんが毎年出演していたスポーツバラエティの特番ですね。ネタを見て大爆笑してくれました。

――清原氏唯一の“公認ものまね芸人”とのことですが、公認をもらったのはいつですか?

リトル:初対面から約1週間後、また別の番組で共演させてもらったんですが、清原さんのほうから「俺の公認です」と言ってくれて。

――ご自身から公認をもらいに行ったのではなく、清原さんの計らいだったんですね。

リトル:おこがましくて、僕からは絶対言えませんよ。

◆連絡先を知っているわけではない

――その後、関係性に変化はありましたか?

リトル:初対面から20年くらい経った今でも、緊張して挨拶くらいしかできませんね。

――それでも、結婚されるタイミングで「婚姻届の証人」を清原さんに署名してもらったんですよね。

リトル:共通の知人を通じてお願いしました。後にも先にも、僕から清原さんに連絡をしたのはこの時だけです。

――直接連絡先を知っているわけではないと聞きましたが、本当ですか?

リトル:知りませんし、知ろうともしていません。なので、証人の件は知人を通じてのお願いでしたが、かなり勇気がいりました。

◆逮捕報道で芸人引退を覚悟した

――その後、2016年に清原さんが「覚せい剤取締法違反」の容疑で逮捕されます。リトル清原さんの仕事にも影響はでましたか?

リトル:電話が数日間鳴り続けました。そのほとんどが決まっていた仕事をキャンセルする連絡で……。以降はオファーも来なくなったので、仕事は完全にゼロになりましたね。

――他のネタをやろうとは思わなかったんですか?

リトル:思いませんでした。清原さんが好きで、なおかつ顔も似ていたのでものまねをやっていただけですから。できなくなるなら芸人を引退するしかないという思いでした。

――仕事ゼロの期間はどのくらいあったんですか?

リトル:数ヶ月は続きましたね……。辛かったです。

――どうやって仕事が戻ってきたんですか?

リトル:心配してくれた芸人仲間や、それまで営業で行っていた企業の方々が呼んでくれました。

――周囲の方の優しさに触れた時期でもあったんですね。ただ、お客さんのなかには「不謹慎だ!」といった否定的な反応もありそうですが。

リトル:いや、全然。むしろ、いつも以上に盛り上がりましたよ。「今、お前が出てくるのかよ!」みたいな(笑)。それから清原さんのファンの方で、「ネット上でのバッシングを見ていて辛かったんですが、リトル清原さんを見て少し気持ちが晴れました」と言ってくれる人も少なくなかったですね。

◆YouTubeチャンネルで“謝罪”を受ける

――逮捕後、清原さんと初めて会ったのはいつですか?

リトル:一昨年ですね。執行猶予が終わって、YouTubeチャンネル(『清ちゃんスポーツ』)を始められたタイミングで出演のオファーが来ました。

――どんな内容だったんですか?

リトル:清原さんには、僕が出ることを隠しておき、サプライズで登場する回でした。でも、始まってみると実は「逆ドッキリ」で、清原さんからサインバットをプレゼントしていただいて。ちなみにバットには、「いつもいつもありがとう」という言葉も書かれていました。

――清原さんにはどんな思いがあったんでしょうか?

リトル:清原さんが逮捕されたのは、僕に3人目の子供が生まれた時で。「生活が大変な時に自分が逮捕されて迷惑をかけた」と思っていたそうで、「いつか謝罪がしたかった」とおっしゃっていました。

――その気持ちと謝罪を受けどうお感じになりましたか?

リトル:ものまねは僕が勝手にやっていることなので、「迷惑だなんてとんでもない」と思いました。でも、清原さんがそんなに気にかけていてくださったことに、本当に感激しましたね。

◆逮捕直後の取材依頼は「全部断った」

――ということは、逮捕された時も迷惑がかかったと感じたことはなかったんですね。

リトル:もちろんです。ワイドショーや雑誌の取材依頼がたくさん来たんですが、ほぼ全部断りました。なぜなら、どう答えても「仕事がなくなってリトル清原が困っている」という部分だけ切り取られてしまうことがわかっていたからです。

――世間や、清原さん本人にも意図しないことが伝わってしまうのは、本意でないですよね。

リトル:バラエティ番組からのオファーも来たんですが、薬物の件を茶化すような内容だったので、お断りしていました。

――清原さんの逮捕されたシーンや、謝罪のシーンをやって欲しいというオファーは来そうですね。

リトル:そうです。まさにそんなオファーがあって嫌な気分になりましたね。

◆現在はイベントプロデュース業にシフト

――リトル清原さんの仕事は以前のように戻って来ていますか?

リトル:ネタが清原さんのものまねひとつしかないので、何度もリピートして呼んでくれることが多くないんですよ。まして、30分のショータイムを任されても僕には無理なので(笑)。そこで、仲間のものまね芸人を連れて行き、一緒にショーをやる方針に変えました。

――プリティ長嶋さんや、長渕剛さんのものまね芸人さんなどとご一緒にという感じですね。

リトル:そうです。他にも、有名ではないのでまだギャラは安いけど、いろんな歌手の歌まねができる芸人ともよく一緒に行きます。クライアントさんと話し合って、呼ぶメンバーを決めてショー全体を作るようなプロデュース業ですね。最近では、「僕がプロデュースする舞台が見たい」と、何度も呼んでくれる方が増えてきました。

――営業のお仕事が多いと、コロナの影響が大きかったのではないですか?

リトル:そうです。正直、清原さんの逮捕後よりも仕事がない期間は長かったです。生活の為にラーメン屋さんでアルバイトもしていました。

――仕事が戻ってきたのはいつ頃ですか?

リトル:営業は昨年末くらいからですね。今は、アルバイトでお世話になったラーメン屋さん「チャーシュー力A 鶴ヶ島店」の監督(イメージキャラクター)にもなっています。

◆いつか「指導者・清原」をものまねしたい

ーー最後に今後の展望を教えてください。

リトル:指導者として現場に戻る清原さんが見たいですね。

――それは多くの野球ファンが望んでいることですね。

リトル:僕がものまねしているのは、現役バリバリの清原さんなんです。でも、僕ももう52歳なんで、そのころの清原さんのマネをするのも大変になってきて(笑)。デッドボールを受けて転んだところから、一気に立ち上がる姿をマネをしても、「よっこらしょ」って感じになってしまうんですよ(笑)。

――そういう意味でも、新たな“清原さん像”が必要ですね(笑)。

リトル:はい。いつか「指導者・清原さん」をものまねしたいです。

=====

ものまね“する側”と“される側”の関係性は千差万別。本人からのクレームでネタそのものが封印されることもあるとも聞く。あくまで素人の意見に過ぎない話だが、リスペクトの有無で心象は大きく変化しそうだ。その点、清原氏とリトル清原氏の間にはそれぞれの立場を慮る絆があった。末永く“伝統芸”を続けていってほしいものだ。

<取材・文/Mr.tsubaking>



【Mr.tsubaking】
Boogie the マッハモータースのドラマーとして、NHK「大!天才てれびくん」の主題歌を担当し、サエキけんぞうや野宮真貴らのバックバンドも務める。またBS朝日「世界の名画」をはじめ、放送作家としても活動し、Webサイト「世界の美術館」での美術コラムやニュースサイト「TABLO」での珍スポット連載を執筆。そのほか、旅行会社などで仏像解説も。
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル