top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

これでヴィーガンなの?と驚く複雑なコクと旨味「春野菜たっぷり薬膳カレー」/かな姐さんのお取り寄せのレシピ vol.72

おいしいマルシェ

子どもの好物と言えば断然カレーでしょ!というのは、昔からの定番というか、カレーを作っておけば間違いないでしょ!みんなが大好き!嫌いな人はいませんね?というのが日本人あるあるのような気がしますが、実はわたしは子どものころはそんなにカレーが好きではない子どもでした(笑)。

決して嫌いなわけじゃないけど、絶賛する意味がわからない、どっちかといえばカレーにするならシチューか肉じゃがにしてくれたほうがいいなと思っていました。

大人になってからもそんなに好きじゃなかったのですが、なんせ結婚した相手が大のカレー好きということもあり、また子どもたち(特に次女)もカレー好きだったので仕方なく義務感で作っていましたが、どうもわたしは決まりきった具で作るカレーが嫌いだったようで、そのうち自分で材料を変え、作り方を変え、カレールーを使うのもやめ、このあたりからどんどんカレーが好きになっていきました。

そのうちスパイスのお仕事をさせていただくようになり、自分でスパイスから配合してカレーを作るようになってからはもう沼。あちこちのスパイスカレーを食べ歩くようにまでなり、ますますカレー好きに拍車がかかり、現在に至るというわけです(笑)。

さて、そんなカレーにはちょっとうるさいわたしが今回送って頂いたのは、動物由来原料も小麦粉も不使用の「薬膳カレールー2個セット(エム・トゥ・エム)」です。

広告の後にも続きます

こちらは鎌倉薬膳アカデミーさんという、日本の気候や風土、食材、日本人の体質や気質に合わせた「和の薬膳」を提唱しているという、薬膳専門のアカデミーが監修されたヴィーガンカレーのルーなんだそう。

植物由来の物だけだと、動物性のうまみやコクが無い分、あっさりした感じに仕上がるんじゃないのかなと思いつつ、我が家のカレー星人たち(オットと次女)にはきっと物足りないんじゃないのかなとか内心思いつつも、でもせっかくなので具材もお野菜のみで作ってみることにしました。

「春野菜たっぷり!薬膳カレー」のレシピ

■材料(4~5人分)
・薬膳カレー 1袋
・玉ねぎ 1個
・まいたけ 1パック
・オリーブ油 大さじ1
・スナップエンドウ、春キャベツ、新じゃが 各適量
・塩 少々

■作り方
1. 玉ねぎはみじん切りに、まいたけは食べやすい大きさに手で割く。スナップエンドウは筋をひき、春キャベツと新じゃがは一口サイズに切る。

2. 鍋にオイルをひいて玉ねぎを入れ、中火で炒める。焦げ目がついてきたら舞茸も入れてさらに炒める。しんなりしてきたら水800mlを注ぎ、10分ほど煮る。一旦火を止めてカレーを1袋入れ、再び弱火で5分ほど煮て火を止める。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル