top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

SKE48・菅原茉椰、卒業の悩みを経て辿り着いた初写真集「卒業を考えていた時期がありました」

日刊SPA!

 SKE48の菅原茉椰が1st写真集『シャッターチャンス』(白夜書房)を4月10日(水)に発売した。菅原念願の初写真集となる本作は、沖縄と菅原の地元・宮城で撮影を実施。かわいらしい洋服や水着姿の写真はもちろん、初公開となるセクシーなランジェリーカットも収めた1冊となっている。今回は、菅原に写真集を出したいと思うようになったきっかけや沖縄ロケで印象的だった光景などについて語ってもらった。
◆“写真集”を夢と公言するようになったきっかけ

――以前から写真集を出すことが夢だったということですが、この夢はいつ頃から持ち始めたんですか?

菅原 2~3年前くらいに卒業を考えていた時期があって、そのタイミングで生誕祭があったんです。(生誕祭のスピーチで)ファンの方に卒業するとは言えなかったので、代わりに何か目標を話さなきゃと考えたときに、ちょうどグラビアのお仕事をした時だったので「写真集を出したい」と言いました。

その“うそ”から始まったことではあるんですけど、卒業しないとなったときに改めて写真を撮られることが好きだと認識して、ちゃんとした夢として持つようになりました。

――写真を撮られるのが好きなのは小さい頃から? それともSKE48に入ってからですか?

菅原 このお仕事を始めてからですね。最初は水着の撮影が苦手でした。でも、カメラマンさんやメイクさん、衣装さんに普段と全然違う自分にしてもらったのが楽しくて、グラビアの回数を重ねるうちに写真を撮られるのが好きだなって思うようになりました。

――今回写真集を制作するに当たって、編集の方たちにリクエストしたことはありますか?

菅原 たくさんしました(笑)。宮城で撮りたいというのもそうですし、沖縄の写真の中に川で撮影したカットがあるんですけど、時間と天気の関係でやめようかって話が出たんです。でも、お願いしてそこでも撮ってもらいました。「自然!」ってシチュエーションで撮ることがあまりなかったので、写真集にはそういう姿も収めたいなって。

宮城でも私が急に「ここ行きたいです!」って言って撮ってもらったりしたこともあったり、誌面の構成とかまでいろいろ言ったりしたので、編集の方は本当に大変だったと思うんですけど(笑)、要望を叶えてくださってありがたかったです。

◆沖縄の夜空に感じた懐かしさ

――撮影をするに当たって何かテーマなどは持っていたんですか?

菅原 この1冊でいろんな表情を見ていただきたいというのはテーマにしていました。表情の豊かさは自分のチャームポイントかなって思うので。表紙の3種類の写真を見比べても、同じ笑顔でも結構違う雰囲気が出せているかなと自分では思います。

あと、写真集を出すなら四季を感じられる写真集にしたいとずっと思っていたので、沖縄の暖かい海にいる私と蔵王(宮城)の雪の中にいる私、四季全ては叶えられなかったけど、自分が出したかった季節を感じてもらえる1冊になったんじゃないかなと思います。

――ご自身の地元・宮城で「ここで撮影したい!」と思っていた場所はありますか?

菅原 「SENDAI光のページェント」ですね。12月限定のイベントなんですけど、これまで12月に地元に帰ることがあっても年末だったから見られなくて、もし12月に撮れるんだったら、このきれいなイベントをもっと知ってもらいたいと思い、スケジュールを合わせてもらいました(笑)。バックショットが雰囲気が出ていてお気に入りです。ぜひ今年の冬は皆さんに実際に目で見て楽しんでいただきたいなって思います。

――沖縄はこれまでにもお仕事で訪れたことがある地ですが、今回の撮影で印象に残ったことはありましたか?

菅原 今までお仕事で行ったときは、夜空を見ることがなかったんですけど、(今回のロケで)沖縄ってこんなに空がきれいなんだって思いました。名古屋では見えないような小さい星まで見えて、流れ星も2回見たんですよ!

写真集のインタビューページで亡くなったおじいちゃんとおばあちゃんのことも話しているんですけど、おじいちゃんとおばあちゃんの家が宮城の田舎の方にあって星空がよく見えたので、空が似てるなと思って少し懐かしくなりました。沖縄の撮影はライブの後だったので疲れもあったんですけど、夜空を見て癒やされました。

<取材・文・撮影/須田紫苑>

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル