top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

スニーカーは4月中旬までに買うべし。メーカー別「買ってはいけない靴と買うべき靴」

日刊SPA!

こんにちは、シューフィッターこまつです。靴の設計、リペア、フィッティングの経験と知識を生かし、革靴からスニーカーまで、知られざる靴のイロハをみなさまにお伝えしていこうと思います。
GWのお出かけ用のスニーカーを買うならサイズが揃っている4月中旬までがリミットです。下旬になるとショップが激混みするうえに、メーカーも休みに入るため、目当ての靴を買うことが困難になります。買うなら今です。

買うポイントは、「①シンプル」で「②素材がチープすぎない」の2点を守りつつ、履いた瞬間の足のセンサーを信じて選んでください。少しでも不安がある場合は買わないように。よくわからないという方は、トレンドを鑑みつつ、歩きやすいスニーカーをナイキ、アディダス、アシックスから3足セレクトしたので、ご参考に。

◆ナイキ「トレンドより定番を狙え」

世間では、1990年代~2000年台前半の復刻がはやっていますが、ナイキは要注意。選択をまちがえると、とっくに過ぎ去った青春をいまだに追いかける懐古中年になりかねません。例えば、その代表が「フルフォース・ロー」。靴単体でみると確かにカッコいい。つい手を出したくなる気持ちはわかりますが、履きこなすのは至難の技です。ボリュームがあるので欧米人かモデル並みの体型の持ち主でないと似合いません。アッパーが不必要にうるさく、底のごつさも中途半端。ベロのバスケットボールの模様も、悪く言えば子どもっぽい。肝心の履き心地は、カカトのカーブが欧米人向きのスーパーストレートなので、脱げやすいという特徴もあります。

そもそもバスケットボールシューズなので、バスケをしない限りはファッションシューズの域を出ません。全体のつくりがとにかく硬く、長時間歩くには不向き。GW中に行列で立ちっぱなしなどのシーンに遭遇すると、足の痛さで泣きたくなるはずです。

今のナイキであれば、正解は「エアマックス1」でしょう。37年前から売れ続けている名作中の名作。余計な素材が一切なく、完全に大人目線の1足です。ファッションの原則として、「靴だけ」が目立ってしまってはいけません。おしゃれは足元からと言うように、悪目立ちとはまったく意味が異なります。エアマックス1であればチープさの欠片もない完成されたデザインで、先端が細いにもかかわらず適度なボリューム感で足元を整えやすい。デニムやワイドパンツ、ハーフパンツであっても似合ってしまいます。目の肥えたスニーカーマニアからも一目置かれる存在なので、ナイキで迷ったらこれ一択。そもそもの設計が本格ランニングシューズなので、歩きづらいといったことも一切ありません。

◆アディダス「ハイテク系に落とし穴」

アディダスは、ハイテクからクラシック、さらに同じモデルでも高級版から廉価版まで混在しているので、カジュアルだと一番選ぶのが難しく、明暗がはっきり分かれるメーカーと言っていいでしょう。まずはダメな例から挙げます。夏になるとその涼しさから飛ぶように売れる「クライマクール」シリーズ。

アッパーだけでなく、底にまで穴が空いているので、真夏の暑さを寄せつけません。しかし、履いた瞬間に「ジョギングですか?」と聞かれるでしょう。機能と履き心地は申し分ないのですが、ここまでメカニカルなデザインだと、よほどのおしゃれ上級者でない限り靴が浮いてしまいます。このシリーズはABCマートでも廉価品が安く手に入り、「ファッションでも履ける」と謎にゴリ押しするネット記事を多く見かけるのですが、だまされてはいけません。コーディネートが非常に難しい1足です。

大人が履いて簡単にサマになるアディダスといえば、もちろん「スタンスミス・LUX」です。よく見る合皮の廉価版は蒸れるのでやめてください。選ぶなら「LUX」一択。スタンスミスの中でも最上級の素材と、最大限の手間をかけた最上級ラインです。靴と足の間に余分なすきまがないので非常に蒸れづらく、とにかく見た目が美しい、それでも1万円台。並べるとわかりやすいのですが、安いスタンスミスは合皮で不自然にまっしろで、汚れも目立ちます。そもそも「完全な白」というのは蛍光灯の光と同じで、どこか安っぽいもの。「LUX」は絶妙にアイボリーに近く、ソールもヴィンテージ感のある落ち着いた色合いです。

神は細部に宿ると言うように、スタンスミスLUXは、「神細部の集合体」と呼んでいいでしょう。細かいシボ感の革、ふかふかなベロ、穴が空きやすいカカトの内側まで天然革と、どこにも隙のないつくりです。結果、スニーカーなのに高級革靴のようなたたずまいで、履き心地も抜群。GW中もジャケットスタイルなど、ややかしこまった場所に出かけるには最適の1足です。アディダスは「サンバ」が空前のヒット中でなかなか手に入りませんが、「スタンスミスLUX」は色展開も豊富で比較的手に入りやすいのもうれしいところ。一度履くと廉価版には二度と戻れません。

◆アシックス「ひとつまちがえるとシニア靴に」

日本人の足にはとにかくフィットするアシックスですが、毎年GWになると「なんか老けて見える」スタイルのお父さんをよくみかけます。「どこで買うか」というのが問題で、「いい靴=百貨店」だと思って買いに行くと、痛い目に遭うことも。百貨店側も好意だと思うのですが、「とにかく足にいい、疲れづらいアシックス」を置きたがります。代表的なのがウォーキングシューズの「ハダシウォーカー」。履きやすく、お値段もそれなりにしますが、残念ながらファッションのことは一切考えていないので、履くと途端に「健康こそ命」的な靴になってしまうので要注意。

アシックスが今、世界のトレンドの中心にいることは疑いようありません。そこで、お勧めは、履きやすさはそのままに、ニューバランスのような渋さと高級感、実用性を兼ね備えているのが「GEL-PTG GTX」です。

天然革ならではのざらつきのあるスエード、細みに見えて圧迫感のないトウ、なにより徹底的に食いついてくるかかとのカーブ。とことんクラシックなデザインのうえに、カラーも絶妙なグレーなので「履いてしまえば勝手に大人感が出てしまう」反則級の1足です。とどめに完全防水のゴアテックスなので、突然の土砂降りも一切気にする必要がありません。ベースは80年代のバスケットボールシューズ。バッシュは本来歩くのには不向きですが、このモデルは「カジュアルでしっかり歩ける」ことを相当意識しており、曲がるところで曲がるので長時間歩いても疲れません。外からは見えない部分にはアシックスならではの「GEL」を発泡させた最新素材・「fuzeGEL」を使用。とにかく軽く、地面からの衝撃をほぼ吸収してしまいます。バッシュならではのグリップの良さで車の運転にも最適。履くほどにスエードの表面がいい感じにけば立ってきて、エンジニアブーツのような存在感が出てきます。これは合成皮革のスエードでは絶対にマネできないところ。アシックスであればこの1足を選びたい。

連休中はとにかく「立つ」「待つ」「歩く」の連続です。足元のストレスで、せっかくの楽しみが台無しになってはいけません。靴をはじめとするボトムスさえ決まってしまえば、おしゃれで気持ちも体も軽くなります。ただし、どれも人気のスニーカーなので、サイズ欠けにはご注意を。



【シューフィッターこまつ】
こまつ(本名・佐藤靖青〈さとうせいしょう〉)。イギリスのノーサンプトンで靴を学び、20代で靴の設計、30代からリペアの世界へ。現在「全国どこでもシューフィッター」として活動中。HPは「全国どこでもシューフィッターこまつ」 靴のブログを毎日書いてます。「毎日靴ブログ@こまつ」
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル