top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「離婚」「謎の新興宗教」報道の萩野公介、久しぶりのテレビ出演でファンが驚愕した“激変”ぶり

SmartFLASH

東京五輪の競泳男子200m個人メドレー決勝で瀬戸大也(手前)と握手をかわす萩野公介(写真・杉本哲大/アフロ)

 

 2021年の東京五輪後に引退を発表した、2016年リオ五輪競泳男子400m個人メドレー金メダリストの萩野公介。その後は、水泳教室の指導やテレビ解説に重きを置いていたが、ここ数年は本業の「泳ぐ」こと以外で注目されることが多くなっている。

 

 発端は、2022年6月におこなわれた、『世界水泳ブダペスト2022』(テレビ朝日系)の解説でのこと。

広告の後にも続きます

 

 

「現役時代は、あまり感情の起伏が激しいようなコメントを発することはなかったんですが、解説者となると話は別だったようです。自身の専門種目だった男子400m個人メドレーでは、好記録が出そうだったことも手伝って、『ヤバイよ、ヤバイよ』『すごいよ、すごいよ』を連発。しかも叫ぶように言葉を発し、しまいには『ちょっと待ってよ! オーマイガー! ほんとすごい!』と、英語まで飛び出しました。当然、SNSでは『現役時代とイメージが違っていた』『もっと専門的なことを解説してほしかった』『ハッキリ言ってうるさい』と、不評でした。あまりにも現役時代とのイメージとは離れていたので、どうしちゃったんだろう、と思ったほどでした」(民放関係者)

 

“迷走”はその後も続く。2024年3月19日の「NEWSポストセブン」では、萩野が、ある宗教団体と接点を持っているとして、スピリチュアルな世界の話をよくするようになり、同時に妻だったmiwaさんとの夫婦生活にも影響が出ていたという芸能関係者の話を報じている。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル