top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

2024年春ドラマ17本「3分で観たいドラマがわかる」ガイド。ベテランテレビ記者が解説

日刊SPA!

 春ドラマが始まりました。プライムタイム(午後7時~11時)に17本もあります。そこで、全ドラマが3分で理解できるサマリーをテレビ取材歴30年以上のベテラン記者がまとめました。記者の目による期待度付きです。(期待度は☆☆☆が良作になる可能性大、☆☆が面白そう、☆がお好み次第。脚本家の作品名は代表作)
◆《NHK》

『燕は戻ってこない』(火曜午後10時、30日スタート)主演・石橋静河(29)、脚本・長田育惠氏(NHK『らんまん』)

 派遣社員・大石リキ(石橋静河)は謝礼目的で「卵子提供」を決意する。しかし、その面談先で持ち掛けられたのは「代理出産」。元バレエダンサー(稲垣吾郎)とその妻(内田有紀)が、高額の謝礼と引き換えに自分たちの子を産んでほしいという。テーマは「命は誰のものか」。もっとも、堅いドラマになることはないようだ。☆☆

『%(パーセント)』(土曜午後10時、5月11日スタート)主演・伊藤万理華(28)、脚本・大池容子氏(NHK『エンディングカット』)

 地方テレビ局の若手制作者・吉澤未来(伊藤)が初ドラマを撮るチャンスを得る。しかし、局から障がい者を登場させるよう条件を出され、戸惑う。やがて未来は車椅子に乗った高校生・ハル(和合由依)と出会った。未来はハルに魅力と可能性を感じ、ドラマ出演を依頼するが、ハルは「障がいを利用されるのは嫌」と拒否する。若者たちが自然体で多様性を考える物語。☆☆☆

◆《日本テレビ》

『花咲舞が黙っていない』(土曜午後9時、13日スタート)主演・今田美桜(27)、脚本・松田裕子氏(日テレ『ごくせん』)ほか。

 杏(37)の主演で2014年と翌15年にもドラマ化されたのは知られている通り。メガバンクの支店で窓口係をしていた花咲舞(今田)が、本部の支店統括部にある臨店班に異動となる。臨店班は問題ある支店へ出向き、解決を図る部署。身内にメスを入れるのだから、嫌われ役だった。おまけに舞の相棒(山本耕史)にはやる気が見られない。このコンビはハマリそう。☆☆

『街並み照らすヤツら』(土曜午後10時、27日スタート)主演・森本慎太郎(26)、脚本・高田亮氏(NHK『空白を満たしなさい』)ほか。

『セクシー田中さん』(2023年)の原作者・芦原妃名子さんが自死した問題に端を発し、予定されていたムロツヨシ(48)主演の『たーたん』が制作中止となったため、代わりに用意された。竹野正義(森本)はシャッター商店街内にある潰れかけたケーキ屋の店主。好人物なのだが、店と家族を守るため、とある悪事に手を染めてしまう。商店街をテーマとするドラマは古くて新しく、興味をそそる。☆☆

『ACMA:GAME アクマゲーム』(日曜午後10時30分、7日スタート) 主演・間宮祥太朗(30)、脚本・いずみ吉紘氏(TBS『南極大陸』)ほか。

 織田輝朝(間宮)はある鍵の秘密を探るため、世界中を旅していた。鍵は「悪魔の鍵」と呼ばれ、全部で99本あり、すべて集めると、この世の全てを手にすることができる。輝朝が帰国するところから物語は始まる。日テレが超大型プロジェクトとしてドラマ化。物語のスケールも大きそう。☆☆☆

◆《テレビ朝日》

『Destiny』(火曜午後9時、9日スタート)主演・石原さとみ(37)、脚本・吉田紀子氏(フジテレビ系『その女、ジルバ』)

 横浜地検中央支部の検事・西村奏(石原)は中学生だった20年前、汚職事件に巻き込まれた検事の父親(佐々木蔵之介)が他界したため、母親の故郷である長野県に転居した。そのまま地元大法学部に進学。キャンパスで出会った野木真実樹(亀梨和也)、及川カオリ(田中みな実)ら4人の仲間たちと青春を謳歌しながら司法試験合格を目指した。しかし、法科大学院入試の直前、ある死亡事件が起こる。事件によって仲間たちの友情は壊れた。サスペンス・ラブストーリー。☆☆

『特捜9 season7』(水曜午後9時、3日スタート)主演・井ノ原快彦(47)、脚本・徳永富彦(テレ朝『べしゃり暮らし』)ほか。

 2018年に始まったシリーズ。主任・浅輪直樹(井ノ原)が中心となり、小宮山志保(羽田美智子)、新藤亮(山田裕貴)ら特捜班が事件を解決する。安定の1作。☆☆

『Believe-君にかける橋-』(木曜午後9時、25日スタート)。主演・木村拓哉(51)、脚本・井上由美子氏(テレビ朝日『緊急取調室シリーズ』)

 橋造りに情熱を燃やす大手ゼネコンの土木設計部部長・狩山陸(木村)が、予期せぬ試練に見舞われる。詳しいストーリーは現時点では未発表だが、冤罪によって投獄された狩山が、脱獄し真犯人を追う。テレ朝の開局65周年記念作だから、小さな作品にはならないはず。☆☆☆

『ミス・ターゲット』(日曜午後10時、21日スタート)主演・ 松本まりか(39)、脚本・政池洋佑氏(映画『ハケンアニメ!』)

 35歳の朝倉すみれ(松本)は、洗練された容姿と巧みなテクニックで数々の男を手玉に取ってきた結婚詐欺師。狙った標的は決して逃さないことから、ミス・ターゲットと呼ばれていた。そんな彼女が本気で婚活を始める。詐欺なら得意だが、真剣な恋愛は出来るのか? コメディも得意な松本による愉快なラブストーリーになりそう。☆☆

◆《TBS》

『くるり〜誰が私と恋をした?〜』(火曜午後10時、9日スタート)主演・生見愛瑠(22)、脚本・吉澤智子氏(TBS『ダメな私に恋してください』)

 OLの緒方まこと(生見愛瑠)が事故で記憶喪失になってしまう。カバンの中には男性用の指輪が入っていたが、誰に贈ろうとしていたのか思い出せない。そこへ指輪のサイズが合う3人の男性が現れた。自称・唯一の男友達(神尾楓珠)、自称・元カレ(瀬戸靖史) 、自称・運命の相手(宮世琉弥)。奇妙な四角関係が始まる。女優として伸長著しい生見のプライム帯における初単独主演作。☆☆

『9ボーダー』(金曜午後10時、19日スタート)主演・川口春奈(29)、脚本・金子ありさ氏(TBS『恋はつづくよどこまでも』)

 飲食業のトータルプロデュース会社で働く29歳の大庭七苗(川口)は最年少で副部長に抜擢される。しかし、雑務が増え、やりたいクリエイティブな仕事や恋愛から遠ざかってしまう。そんな中、実家の父親が失踪。それを機に、夫と別居生中の39歳の長女・六月(木南晴夏)、浪人生と言いながら自堕落な日々を過ごす19歳の3女・八海(畑芽育)と七苗が実家に集結する。40代、30代、20代を目前にした3姉妹の物語。設定がユニーク。☆☆

『アンチヒーロー』(日曜午後9時、14日スタート) 主演・長谷川博己(47)、脚本・山本奈奈氏(TBS『VIVANT』共同脚本)ほか。

 長谷川が演じる主人公の弁護士は殺人犯をも無罪にしてしまうアンチヒーロー。依頼人が犯罪者である証拠が100%揃っていても有罪にしない。限りなくダークで危険な人物だ。善と悪の真実を問う異色リーガルドラマ。☆☆☆

◆《テレビ東京》

『ダブルチート 偽りの警官 Season1』(金曜午後8時、26日スタート)主演・向井理(42)、脚本・吉田康弘氏(TBS『コウノドリ』第2シリーズ)ほか。

 警察官・多家良啓介(向井)は交番勤務の真面目な警官。住民から頼られていた。しかし、裏の顔がある。かつては知能犯を取り締まる捜査2課の敏腕刑事で、今は法では裁けない詐欺師たちに制裁を加えていた。ドラマ制作において定評のあるWOWOWとの共同制作。☆☆

◆《フジテレビ》

『366日』(月曜午後9時、6日スタート)主演・広瀬アリス(29)、脚本・清水友佳子氏(日本テレビ『リバーサルオーケストラ』)

 28歳の雪平明日香(広瀬)は、卒業した高校が廃校になるため、元同級生らと母校を訪れる。その場で高校時代の片思いの相手・水野遥斗(眞栄田郷敦)と再会した。2人で話したところ、実は遥斗も明日香が好きだったことが分かり、晴れて交際が始まる。ところが、遥斗が不測の事態に襲われ、意識不明の重体になってしまう。意識が戻らない遥斗。恋の行方は? 清水氏が紡ぐストーリーに力がありそう。☆☆

『アンメット-ある脳外科医の日記-』(月曜午後10時、15日スタート)主演・杉咲花(26)、脚本・篠﨑絵里子氏(NHK『紙の月』)

 川内ミヤビ(杉咲花)は将来を嘱望された脳外科医だったが、1年半前、事故で脳を損傷し、 過去2年間の記憶を失う。新しい記憶も1日以上留めておくことが出来ない。医師を続けることが出来るのか。制作は関西テレビ。演技派の杉咲が葛藤する医師をどう演じるかに注目。☆☆

『ブルーモーメント』(水曜午後10時、24日スタート)主演・山下智久(38)、脚本・浜田秀哉氏(フジ『イチケイのカラス』)

 舞台は内閣府直属のSDM本部(特別災害対策本部)。自然災害から人命を守るために立ち上げられた組織だ。リーダー格は晴原柑九朗(山下智久)。気象学の天才である。お仕事ドラマは無数にあるが、新鮮な設定だ。山下にとって5年ぶりの民放主演作。☆☆☆

『Re:リベンジ-欲望の果てに-』(木曜午後10時、11日スタート)主演・赤楚衛二(30)、脚本・藤野良太、脚本は新鋭の伊藤忍氏ほか。

 天堂海斗(赤楚)は巨大病院の理事長(光石研)の息子だが、汚い部分のある病院と父親を嫌い、出版社で働いていた。しかし、父親が倒れたため、海斗は病院へ。そこで病院経営への参加を持ち掛けられる。海斗は拒むが、意思は通せそうにない。権力闘争ドラマ。☆☆

『イップス』(金曜午後9時、12日スタート)主演・篠原涼子(50)、バカリズム(48)、脚本・オークラ氏(日テレ『となりのナースエイド』)ほか。

 作品が書けなくなったミステリー作家・黒羽ミコ(篠原)と、事件の謎が解けなくなった警視庁捜査1課刑事の森野徹(バカリズム)が出会い、バディを組むことに。2人で難事件に立ち向かう。米国ドラマ風のミステリーコメディになりそう。☆☆



【高堀冬彦】
放送コラムニスト/ジャーナリスト 放送批評懇談会出版編集委員。1964年生まれ。スポーツニッポン新聞東京本社での文化社会部記者、専門委員(放送記者クラブ)、「サンデー毎日」での記者、編集次長などを経て2019年に独立
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル