top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

AIの活用で動画内の情報検索が簡単便利に!林修先生もおすすめするマルチメディア対応AIプラットフォーム「BlendVision AiM」とは

マガジンサミット

KKCompany Japanの代表トニー・マツハシ氏(写真左)が、企業向け新製品「BlendVision AiM」を発表した。発表会当日はブランドアンバサダーに就任した林 修先生(写真右)も登場。

「BlendVision AiM」とは「動画」「音声」「文字」…あらゆるデータへのアクセスを容易にするマルチメディア対応AIプラットフォームだ。今まで難しかった動画内にある情報の中から必要な情報を抽出できるようにAIがアシストしてくれるため、企業における会議の録画、研修・トレーニング動画、企業・官公庁が提供している様々な動画マニュアル、教育機関などが提供するオンライン講習、メディア業界における動画資産の効率良い活用につながる。

KKCompanyは1999年創業のアジア太平洋圏におけるグローバルテクノロジー企業。事業分野には音楽配信事業「KKBOX」、マルチメディア事業「BlendVision」、クラウド事業「Going Cloud」がある。日本のKKCompany Japanは「KKBOX」がKDDI auスマートパスプレミアムミュージックを提供し、テレビ朝日公式コンテンツ配信のプラットフォームとして「BlendVision」が活用されている。

KKCompanyはAIテクノロジーをビジネスに取り込んでいて、ビッグデータ処理などを得意としている。今回の「BlendVision AiM」はこれらのAIテクノロジー活用の集大成の一つでもある。

「BlendVision AiM」とは?

最近の情報提供において動画が増えてきている。というのも画像は文字の7倍、動画は文字の5000倍情報を伝えられると言われているからだ。そのため、動画の活用は年率31%の成長を見せている。動画は効率はいいものの、情報量も多いため、動画から求めている情報をまとめたり、探すのに手間がかかってしまう。そして今までは動画にアクセスして情報を抽出する技術は充分ではなかった。

広告の後にも続きます

そこで今回、ビッグデータ処理としてAIの力を借りて適切な情報抽出ができる「BlendVision AiM」が生まれたのだ。

「BlendVision AiM」はAIとマルチメディアの組み合わせから名づけられた。ユーザーはナレッジベースを作成した後、チャットベースでAIとやり取りし、情報を抽出することが可能。販売は1企業あたり月額125,000円からとなり、次のような便利な機能を兼ね揃えている。

■動画・音声データの資産化

動画で会話している内容を文字起こし。PDFやWord等のテキストデータだけでなく、動画や音声コンテンツも解析・データ化し、組織の資産として活用できるようになる。言語も英語、日本語、中国語などマルチに対応している

■議事録(まとめ)を作成

会議録画のサマリーを即時に取得し、議事録を自動で生成する機能により、業務効率のアップに貢献する

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル