top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

高校1年生で大病が発覚。クビ、ひきこもり…それでも今、「社会貢献」に力を入れる理由

日刊SPA!

 何の前触れもなく瞬間的に発作を起こし、昏睡状態に陥る「てんかん」。厚生労働省の発表では、てんかんを持つ人は日本全国に約60万~100万人いると推定されている。発症した場合、「運転免許の取得に制限がある」「ハードな運動ができない」など日常生活にさまざまなハードルが生まれてしまう。
 現在、飲食店コンサルタントとして活動する亀井良真氏も、かつてはてんかんの症状が原因で、仕事を解雇された過去を持つ一人だ。それがきっかけで、ニートでひきこもりの時期を経つつも、現在は月商1500万円の売り上げを手にしたという。

◆高校1年生のときに発覚した大病

 栃木県で喫茶店を営む両親の元に生まれた亀井氏が、自身の「てんかん」に気がついたのは、高校1年生の春だった。

「高校1年生のテスト中、発作を起こして倒れてしまったんです。救急車で運ばれ、目が覚めたとき、自分にはてんかんがあると知りました。もともと他人の顔色ばかり窺う引っ込み思案な性格だったのですが、障害者手帳を渡された瞬間、『あぁ、自分はもう普通の人じゃないんだ』と痛感して。引け目を感じるようになり、人と会話するのがより一層苦手になりましたね」

 新生活が始まるタイミングでの病気の発覚。それゆえ、高校1年生の時点ではまったく周囲と交流できなかったという。

「勉強もできないし、スポーツも苦手。クラスにはほとんど友達もいなかったので、休憩中はいつも寝たふりをしていてやり過ごしていました。毎日『早く休憩時間が過ぎればいい』と思ってましたね」

◆てんかんの発作が発端で会社をクビに

 高校卒業後は、ゲーム好きが高じて、プログラミングの専門学校へ進学。しかし、問題は就職活動だった。

「時代は就職氷河期だった上、僕にはてんかん持ちというハンデもありました。40社近く面接を受けましたが、『持病がある』『障害者手帳を持っている』と伝えると、すぐに落とされる。最後に有名通信会社の子会社の面接を受けた際も、落とされるのが目に見えていたので、いけないことだとわかっていながら、持病については伝えずに面接を受けたんです。そしたら、派遣社員ではあるものの、なんとか採用されて……。ゲームとはまったく関係ない仕事でしたが、仕事を得られて安心しましたね」

 だが、慣れない仕事でストレスがたまったのか、社会人として働き出した1年後、亀井氏は職場でてんかんの発作を起こして倒れてしまう。

「この一件で職場には『てんかん持ちだ』とバレてしまい、即解雇になりました。この出来事をきっかけに、『自分は何をやってもダメなんだ』と自己肯定感がどんどん下がって、実家にひきこもるようになってしまったんです」

◆オンラインゲームの仲間に救われたひきこもり期間

 退職後は、実家でひたすらオンラインゲームばかり。しかし、このゲームと過ごした時間が、亀井さんにとって大きな転機になった。

「リアルの世界では自分の殻に閉じこもっていましたが、アバターを介してだったら人とコミュニケーションをとることに苦痛を感じなかったんですね。しかも、幸運なことに、オンラインゲーム内で出会った仲間たちが、優しい人ばかりで。ゲーム上での仲間たちとのやりとりを通じて、体力的にも精神的にも癒されていきました」

 そして、ひきこもり生活から2年後、一念発起し、アルバイトで社会復帰を果たす。

「バイト先は、近所のスーパーの惣菜売り場です。職場はおばちゃんばかりで、20代前半の男は僕一人。すごくかわいがられて、毎日とても快適でしたね」

◆新たに見つけた「コーヒー屋をやりたい」という夢

 アルバイト自体は楽しかったが、まだ当時は20代中盤。いつまでも惣菜屋のバイトでいいのかと悶々とするように。そんななか、亀井氏の中で「コーヒー店をやりたい」という思いが新たに生まれていったとのこと。

「両親が喫茶店を営んでいたので、漠然と『自分もいつかコーヒーの店をやりたい』と思うようになったんです。それからは、自分が店を持った時に役立つようにと、居酒屋やカフェ、フレンチなど飲食関係の職場でフリーターとして働きました」

 さらに、周囲に「コーヒー屋をやりたい」と日頃から公言していたことをきっかけに、地元栃木県のマルシェで、コーヒー店を出店しないかという話が舞い込んだ。

「『せっかくやるなら』と、宇都宮の焙煎屋の方の元で学びながら、コーヒー豆の焙煎の勉強を本格的に始め、その豆やコーヒーをマルシェで販売しました。そのときにコツコツ貯めた開業資金を元に、30歳で、地元にコーヒー店をオープンできたんです」

◆通販事業の展開や飲食店コンサルタントとして活動開始

 開業後は、店の運営の傍らで、知人のアドバイスからコーヒー豆の通販もスタート。

「いざネットで販売すると、すごく好評で、すぐに通販の売上が店舗売上を上回るようになりました。店舗営業は時間の制約もあるし、発作のリスクもあることから、思い切って店舗営業はやめ、通販事業に専念するようになったんです」

 この噂を聞きつけた同業者から、「通販事業のノウハウを教えてほしい」と言われ、飲食店コンサルタントも開始した。コンサルと通販が軌道に乗り、気が付けば売上は月商1500万円以上、年商1億円以上を稼ぎ出すように。

◆人間関係や職場のストレスから解放され、状態も安定

 まさに引きこもりニートからの逆転脱却を果たした亀井氏だが、現在は新たな目標に向かって進んでいる。

「ニートから卒業し、ビジネスが軌道に乗ったいまだからこそ、世の中のためになる社会貢献をしたいと思ったんです。そんなとき、知人から支援活動団体を紹介され、ブータンの子どもたちに100万円を寄付したのを皮切りに、世界25か国途上国の子どもたちへの支援活動を行うようになりました。年に数回現地に行き、スラム街などで支援活動を行っています。自分自身、10代から様々な挫折をしてきたからでしょうか。人の役に立てるようになって、ようやくいま生きている実感がありますね」

 さらに、ビジネスでの成功や社会貢献という生きがいを見つけたことからか、42歳の現在では、てんかんの発作も減っているという。

「自分の場合は人間関係のストレスや無理な働き方が発作の原因になっていたので、時間の融通が利く自営業に切り替えられて、本当によかったと思っています。同じようにてんかんの発作で悩んでいる方も多いと思うのですが、いまは世の中にオンラインだけで完結する仕事も増えているので、ご自身に負荷がかからない環境をぜひ探してみてほしいなと思いますね」

取材・文/藤村はるな

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル