top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

千鳥・大悟、麒麟・川島への「結婚のご祝儀」お金足りず「折り紙折った」芸人のご祝儀事情いろいろ

SmartFLASH

 

 千鳥・大悟が、4月1日放送の『大悟の芸人領収書』(日本テレビ系)で、麒麟・川島明の結婚祝いのご祝儀をめぐるエピソードを語った。

 

 大悟は「ワシ(自分)の結婚式のとき(川島に)10万円包んでもろうて。その2年後、川島さんの結婚式で、(自分は)博打しまくってまったくお金なくて、どうにかかき集めて5万円だけ封筒に入れて」と、なんとか半分の5万円は用意できた。

 

広告の後にも続きます

 続けて「あと5万円足りんから、ワシ、その結婚式に行く新幹線で折り紙折って、お花とか鶴とかの折り紙を一緒に(封筒に)入れて」と、残りはお金ではなく折り紙を入れたという。

 

 

 その話に、Aマッソ・加納は「ギリギリ、ゴミですよ」とツッコミを入れていた。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル