top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

へずまりゅう、誹謗中傷をした相手に開示請求し、1人を直接訪問 相手の女性が泣き崩れるも「全く同情できませんでした」

yutura

元迷惑系YouTuberの「へずまりゅう」が、自身とその家族を誹謗中傷した相手に対して開示請求手続きを取り、その内の1人と面会したと明かしました。

へずまりゅう、自身を誹謗中傷した相手計8人に開示請求

3月25日、へずまりゅうは自身のX(旧ツイッター)に「悪質な誹謗中傷をしてきた8名を開示請求しました」と投稿。開示請求には1年弱の時間がかかり、1人につき30万円、計240万円の費用がかかったと報告しました。この請求の結果、誹謗中傷をした相手は40~50代がほとんどだと判明し、へずまは「本当に終わってると思った」とコメントしています。

へずまは今後、弁護士を伴って誹謗中傷した相手に直接会いに行くとし、その際、相手の態度が悪かったり謝罪の気持ちが伝わってこなかったりした場合には、相手の名前や会社名を晒すと宣言。

俺の家族を攻撃したこと思い知らせてやるから

と強い復讐心を見せていました。

鹿児島在住の50代女性を訪問、泣き崩れるも同情できず

3月26日、へずまはXを更新し、自身の家族に対し、「お前の一族の血は腐っている」と何度も中傷してきた相手と実際に対面したことを報告しました。

広告の後にも続きます

今回へずまが訪ねたのは鹿児島県在住の58歳の女性とのこと。誹謗中傷した理由を尋ねたところ、女性は

(へずまが)山口県の長州生まれで犯罪者なのに成功していることが憎かった

と答えたとのこと。へずまによると当時女性は、「ビビり散らかして泣き崩れて」いたといいますが、自身は

全く同情できませんでした

としています。

同ポストに対し「へずま嫁」こと「しーちゃん」は、へずまの顔写真と共に「こんなんがいきなり来たら怖いだろ」と投稿し、女性に同情する姿勢を見せています。しかしへずまは、自身がSNS上の見えない相手から攻撃を受ける恐怖を味わったことを強調して「目に見える分あちらは全く怖くない」とし、

怖い訳がないしそれはただの甘えだ

と主張しています。

へずまは今後について、示談金の話がまとまり次第、神奈川県に向かうとし、

さあSNSの誹謗中傷は撲滅だ

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(動画)

ジャンル