top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【インタビュー】ナイツ塙宣之、「映画を観ている人も何かしら響く言葉はあるのかなと思います」 『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』初監督

YESNEWS

ナイツ・塙宣之が初メガホンを握り、浅草・東洋館の舞台に思いを懸ける芸人たちと漫才協会の“今”を捉えたドキュメンタリー、『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』が現在、全国順次公開中だ。

2023年に漫才協会会長に就任したナイツ・塙宣之による数々のバラエティ番組でのプレゼン、『水曜日のダウンタウン』(TBS)で大反響を集めたおぼん・こぼん仲直り企画などで一般にも広く知られるようになった一般社団法人漫才協会。その漫才協会に所属する芸人たちの悲喜こもごもを追ったドキュメンタリーが本作だ。初監督作品について塙監督に聞く。

―今回の漫才協会の映画ですが、いつ頃プロジェクトが持ち上がったのでしょうか?

2年くらい前ですかね。だいぶ前にやりますかみたいな話があって、ちょっと面白そうだなって思いました。漫才師って、だんだんネタを作れなくなっていくんですよね、歳取ってくると。題材がないと漫才が作れなくなるので、いろいろな経験をしたほうがいいかなと思っていて。それこそドラマに出た時も勇気が要ったのですが、映画監督もかなり勇気が要りました(笑)。でも後で漫才にして生きてくれれば面白いかなと思って。そういう感じでしたね。面白そうだなって思った感じです。

―劇中にはベテランから新人までいろいろなタイプの浅草芸人のみなさんが登場しますが、浅草芸人のどこを一番に伝えたかったのでしょうか?

広告の後にも続きます

僕らもね、浅草に出てもう20何年経ちますが、東洋館はパワースポットじゃないですが、聖地みたいな感じで元々言われていたんですよね。それが、浅草芸人がなぜあそこにずっと立つのかっていうことなんですよ。東洋館は借りている場所なので、別に東洋館以外の場所でやったっていいわけですよね。極端な話。でも興行もやっぱり浅草がいいなってなるということは、浅草自体の街にパワーがあると同時に、実は東洋館の舞台がパワースポットみたいになっていて。みんなお客さんよりも、もしかしたら芸人がそこで漫才をやることで元気になっている気もするので、少しは舞台に出続けている理由としてあるのかなって昔から思っていて。それをインタビューで聞いているので、そこはちょっと映画を観てもらえると分かるかも知れないですね。

―それは塙さん自身も毎回感じていることなのでしょうか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル