top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【GW】2024年は韓国へ!海外初心者にオススメの航空会社6選|ポイントや違いを徹底解説

YOKKA

2024年は韓国旅行の当たり年。韓国が国をあげて観光客誘致の政策を打ち出しているので、2024年12月31日までは面倒な書類の提出がなく、 パスポートさえあれば渡韓できる んです。

とはいえ、初めて韓国へ行く場合は、「どの航空会社を選べばいいのか…」まず、そこが分かりませんよね。

そこで今回は、 あまり旅慣れていない方へ向けて、オススメの航空会社6選をご紹介 いたします。

パスポートだけあれば渡韓できる理由

Photo by tomoko

通常、観光目的で韓国へビザなしで行くには、電子渡航認証(K-ETA)を取得する必要があります。これが 2024年12月31日までは免除 となっているため、今は「パスポートだけ用意すれば」行けるんです!

ツアー?個人手配?どちらにしても航空会社を決める必要がある!

Photo by tomoko

日本から一番近い国、韓国。はじめての海外旅行先として人気ですよね。でも、 旅行会社のパンフレットやガイドブックに、観光スポットやお店やホテルの紹介は載っていても、航空会社の選び方は書いていません。

広告の後にも続きます

「どんな観光プランにするか?」の前に、航空会社選びが重要!添乗員同行で観光込みのツアーを予約するにしても、航空会社が違うと値段が違います。

「安ければ良い!」という考え方もあるけれど、海外慣れしていない場合はちょっと待って!! 格安ツアーや航空券には安いだけの理由がちゃんと存在するんです。 そして、盲点なのが言葉の問題。日本の会社であれば、機内の説明が日本語で行われますが、外国籍の会社だと韓国語や英語でのアナウンスになります。

LCCのコストカット!具体的には?

ちなみに、この10年で増えているLCCとは、ローコストキャリア。「格安航空会社」の略称で、JALやANAのような手厚いサービスを売りにする老舗の航空会社は、レガシーキャリアまたはFSC・フルサービスキャリアといいます。LCCのローコスト、安い理由は主に以下の4つです。

  • 機内サービスの有料化とカット
  • 座席数の最大化
  • 受託手荷物や機内持ち込み荷物の制限
  • 座席の選択も有料化
  • 1: ソフトドリンクや軽食、機内食の無料提供をやめ、有料の機内食もメニューを絞って効率化 しています。またブランケットや機内エンターテインメント(映画や音楽番組)などのサービスを減らして、客室乗務員の数を最小限に。

    • 1
    • 2
     
       

    ランキング

    ジャンル