top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「人として軽蔑」福原愛、元夫との“和解劇”に透けてみえる「イメージ回復」へのあせりに集まる批判

SmartFLASH

会見に臨んだ福原愛(中央)(写真・時事通信)

 

 3月15日、元卓球女子日本代表で五輪2大会連続メダリストの福原愛が、都内の日本外国特派員協会で会見を開き、長男を連れ去ったとして元夫の江宏傑氏と争っていた問題で、和解したことを発表した。福原が刑事告訴される事態を受けて和解を申し入れ、長男は江氏に引き渡されることで決着した。

 

「福原さんと江さんは、かれこれ1年半にわたって“泥沼トラブル”で争っていました。2016年9月に結婚した2人は、2017年10月に娘、2019年4月に息子をもうけましたが、2021年7月に離婚を発表。子どもたちは“共同親権”で育てていくことになり、離婚当初は、江さんとともに台湾で暮らしていました。

広告の後にも続きます

 

 

 しかし、2022年7月23日、面会交流のため福原さんに息子を渡したところ、音信不通に。面会期間が過ぎても、息子は江さんのもとには帰って来ませんでした。江さんは2023年7月に日本で会見を開いて、福原さんとのこれまでの経緯を説明し、裁判所から出ていた引き渡し命令に応じない場合は、未成年者誘拐罪で告訴すると強硬姿勢を示しました。これに対し福原さんは反論し、江さんも刑事告訴に踏み切るなど、事態は膠着していましたが、このたび福原さんの刑事事件の代理人から、江氏サイドに申し入れがあり、和解に至ったということです」(芸能記者)

 

 このタイミングでの電撃的な“和解劇”は、パリ五輪が関係あるのでは、という声も聞こえてくる。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル