top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「Stray Kids」フィリックス、ユニセフと善良な影響力…ラオス訪問映像公開

ワウコリア

韓国ボーイズグループ「Stray Kids」フィリックスがユニセフと共に善良な影響力を持続し、温かさを与えた。

 ユニセフ韓国委員会は18日、「Stray Kids」フィリックスと共にしたラオス現場訪問映像を3月21日から3回にわたって、ユニセフ韓国委員会の公式YouTubeチャンネルに掲載すると明らかにした。21日に公開される「ユニセフログインラオスStray Kidsフィリックス編」には2月、フィリックスがラオスを訪問して現地の子供たちと交わした多様な活動と感情が盛り込まれる予定だ。

広告の後にも続きます

 これに先立って、フィリックスは2024年1月、劣悪な栄養および飲料水衛生で成長に苦しんでいるラオスの子供のためにユニセフ韓国委員会に1億ウォン(約1100万円)を寄付し、ユニセフ・オーナーズクラブ歴代最年少であり、2024年最初のメンバーとして名を連ねた。さらに、彼は2月5日から約1週間、ユニセフ・ラオス事業現場を直接訪問し、子供たちに向けて温かい関心と愛情を伝えた。

 フィリックスはラオス南部のアタプ地域のユニセフ支援保健所、学校で子供の栄養状態検査および栄養失調治療食を提供し、手洗い教育、言語、ダンス、遊びなどの活動に参加した。アタプ地域は重症栄養失調の子どもが2000人余りに達する所で、劣悪な飲み水の衛生問題まで経験しているラオスの代表的な疎外地域だ。

 ラオス訪問を終えてフィリックスは「写真と文章だけで見た時には感じられなかったラオスの子供の現実に向き合うことができた。すべての子供に健康な生活を送る機会が与えられるべきだと思う。そのような機会を享受して育った子供が、大人になって再び子供を支持し、愛してくれると信じているからだ。 今回の機会を通じてファンから受けた愛を子供たちに伝えることができて本当に幸せだった」と感想を伝えた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル