top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

川口春奈、『心はロンリー 気持ちは「・・・」 』出演決定 明石家さんまと親子役に

Real Sound

(左から)明石家さんま、川口春奈 ©︎フジテレビ

 明石家さんまが主演を務めるスペシャルドラマ『心はロンリー 気持ちは「・・・」 FINAL』に川口春奈が出演することが決定した。

参考:川口春奈、俳優業を続けていく上でのモチベーション 「必ず待ってくれる人がいる」

 『心はロンリー 気持ちは「・・・」』の第1作が放送されたのは、1984年12月17日。お笑い芸人としてのみならず、当時から俳優としても活躍していたさんまが、三宅恵介をはじめとする『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)の制作スタッフ、後に『踊る大捜査線』シリーズ(フジテレビ系)や『教場』シリーズ(フジテレビ系)などの脚本を手がける君塚良一とタッグを組んで作り上げたコメディードラマだ。シリアスなドラマの中にたくさんのナンセンスギャグを散りばめた遊び心満載の本作は、お笑いファンを中心に多くの視聴者の間で評判を呼び、その後シリーズ化。2003年8月29日放送の『心はロンリー 気持ちは「・・・」XI』まで、11本が制作されるヒットシリーズとなった。

 前作から21年ぶりに放送される第12作『心はロンリー 気持ちは「・・・」 FINAL』は、そのタイトルからも明らかなように、シリーズを締めくくる完結編。スタッフには、総合演出・三宅恵介、脚本・君塚良一という、シリーズを支えてきた2人が登板するほか、「ギャグ考案」として、放送作家の大岩賞介と藤沢めぐみ、そして、これまで通りさんま自らが「杉本高文」の名義で脚本作りに参加する。

 第1作の田中美佐子をはじめ、今井美樹(第4作)、黒木瞳、賀来千香子(ともに第6作)、松下由樹(第10作)、飯島直子(第11作)ら、これまでそうそうたる顔ぶれがヒロインを務め、さんまと共演を繰り広げてきた『心はロンリー 気持ちは「・・・」』シリーズ。その記念すべき最新作のヒロインに選ばれたのが、川口だ。

広告の後にも続きます

 そんな川口が演じるのは、さんま扮する主人公・轟木の一人娘・寺沢和来。警察官である父親に対し、愛憎相半ばする複雑な感情を抱き続ける。そして、本シリーズの真骨頂ともいうべき、劇中の随所に散りばめられたギャグシーンの数々に川口も参加する。川口がフジテレビのドラマに出演するのは、『silent』以来、約1年半ぶりとなる。

 また本作には、川口だけでなく、ワンシーンのみ出演するゲストも含め、約60人ものキャストが次々と登場する。

 なお本作の放送日時は、4月27日21時~23時40分に決定した。

■明石家さんま(轟木役)コメント

・今作を制作することになった経緯

『心はロンリー』は、毎回、細かいギャグまで作り込んでるんで、制作費もすごく掛かるんですね。だから、もう二度とできないだろうなとあきらめていたんですが、ある日フジテレビの元スタッフから、“『心はロンリー』をもう一度やってください”とお願いされまして。彼が言うには、“僕は『心はロンリー』が作りたくてフジテレビに入社したのに、結局その夢が果たせなかった”と。“でも、たとえ自分が関われなくても、『心はロンリー』の新作を作ってほしいんです”と言われて。そんな熱い思いに心打たれて、動き出した企画なんです。ただ、今日に至るまで、だいぶ苦労しましたけどね。そもそも最初、プロデューサーの渡辺俊介に話を持っていったら、“無理でしょ”って笑われましたから(笑)。あと、総合演出の三宅(恵介)さんが、今どきのテレビの作り方がわかってない(笑)。お金の計算が全くできなくて、えらいことになってたみたいです(笑)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル