top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【沖縄】火災からの復興!首里城の”今”を徹底解説|周辺グルメもご紹介(2024年)

YOKKA

2019年10月31日、首里城は正殿とその周辺の6棟の建物が火災に遭ってしまいました。

今、2026年の再建を予定し、工事が進んでいます。

火災に遭ったあとの首里城では”見せる復興”として再建の様子を見学出来るようになっています。

この記事では、2024年12月現在どのようになっているのか、様子を紹介します。

火災に遭ってしまった首里城

2019年10月31日の未明に首里城の正殿と周辺の建物6棟が火災に遭ってしまい、焼失してしまいました。

広告の後にも続きます

首里城は琉球王朝時代の政治、外交、文化の中心地として発達しました。琉球王朝時代にも何度も火災に遭っていますが、その都度、復活していたのです。沖縄戦では壊滅的な被害を受けてしまい、1992年に復元された首里城を見学された方も多いと思います。

そんな首里城は 2026年の再建 を予定し、工事が進んでいます。現在は”見せる復興”として再建の様子を見学出来るようになっていますので、どんな様子なのか紹介させていただきますね。

無料区域は今まで通り見学可能

首里城は無料区域と有料区域に別れています。無料区域は火災の影響を受けていませんので、以前のままです。

正殿の復興工事と併せて、無料区域の各門の塗り直し工事も同時進行で進められています。

守礼門から広福門まで

首里城の入口は複数ありますが、やはり守礼門から入るのがオススメです。

守礼門(しゅれいもん)
Photo by marine
  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル