top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「面白いな」「付き合ってもないのに」大谷結婚で「失恋休暇」の議論が過熱…フィリピンでは法案提出まで

SmartFLASH

会見で自身の結婚について語る大谷翔平(写真・USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 

 2月29日、自身のInstagramで結婚を報告した大谷翔平。翌日の囲み取材で、結婚相手の女性について「いたって普通の日本人です」「初めて会ったのは3、4年ぐらい前。3年ちょっと前かな」などと説明したことから、日本では「大谷ロス」が加速した。

 

 大手PR会社「サニーサイドアップ」の次原悦子社長は2月29日、自身のXにこう書きこんだ。

広告の後にも続きます

 

《大谷選手結婚!弊社早速失恋休暇が申請されました。早過ぎるでしょ。明日は一体何人が失恋休暇とるんだろ。とにもかくにもおめでとうございます。》

 

 

 次原氏のポストにリンクが貼られた同社のサイトによると、「失恋休暇」は社名にちなみ、32ある休暇制度のひとつ。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル