top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

映画館の特別上映へ行ってみよう!シネマ歌舞伎・MET・NTLive・ライブ音響を徹底解説

YOKKA

映画館へは定期的に行くのですが、ここ数年増えてきたなと感じるのが「特別上映」です。松竹が行っている「シネマ歌舞伎」、あるいは海外の演劇やオペラなどのライブビューイング、そして先日初めて体感した「ライブ音響」での上映。

まだまだ全国的な知名度は低く、映画ファンや演劇ファンだけが知っているコンテンツも多いので、本日はそうした特別上映を一挙ご紹介いたします。

シネマ歌舞伎

歌舞伎の舞台公演を高性能カメラで撮影しスクリーンで上映する、松竹ならではの映像作品。 2005年にスタートし、現在上映されている『阿弖流為(アテルイ)』が24作目。日本全国、34の映画館で上映され、ここ数年は「月イチ歌舞伎」と題して、 古典の名作から話題の新作までバラエティに富んだ作品を公開 しているので、歌舞伎好きの方にも、遠方であまり見たことがない方にも非常におすすめのコンテンツです。
多彩なカメラワークで、普段はよっぽど前の席でないと見られない俳優の息遣いや表情、衣裳の細やかな刺繍まで見ることが可能に!

【鑑賞料金】

一般2,200円、学生・小児1,500円、ムビチケカード3枚セット5,700円

https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/

上映中の作品

広告の後にも続きます

現在は、 歌舞伎NEXT『阿弖流為(アテルイ)』 が好評につき、東劇で期間を延長して上映中。劇団☆新感線で「いのうえ歌舞伎」を長年作り続けてきた作:中島かずき×演出:いのうえひでのりのコンビによる超話題作で、 主人公のアテルイ役は松本幸四郎(当時は市川染五郎) です。

  • 上演月:2015年7月
  • 上演劇場:新橋演舞場
  • 上映時間:185分(別途休憩あり)
  • 東劇でのみ上映。2月17日現在、終了日は未定

今後のラインナップ

  • 新作『刀剣乱舞 月刀剣縁桐』 :4月5日~25日
  • NEWシネマ歌舞伎『三人吉三』:5月24日~30日
  • 『桜姫東文章 上の巻』:6月14日~20日
  • 『桜姫東文章 下の巻』:7月12日~18日
  • 『京鹿子娘二人道成寺』:8月9日~15日 ※この作品のみ鑑賞料金1,200円
  • 『連獅子/らくだ』:9月27日~10月3日
  • 『め組の喧嘩』:10月11日~17日
  • 『人情噺 文七元結』:11月1日~7日
  • 『怪談 牡丹燈籠』:12月6日~12日
  • 新作『ぢいさんばあさん』 :2025年1月3日~23日
  • 『阿古屋』:2025年2月7日~13日

https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/news/2601/

ナショナル・シアター・ライブ(NTLive)

イギリスのナショナル・シアターによる傑作舞台を各国の映画館で上映するプロジェクト。 2009年6月にイギリス国内でスタートし、日本では2014年から上映開始。

ナショナル・シアターでの上演後、録画した映像を編集し、イギリス国内で上映⇒40の国と地域で上映という流れでコンスタントに行われているのですが、各作品の上映期間が短く、いつどの劇場でやるのかも急に発表になるため、公式ウェブサイトをこまめにチェックしないと見逃してしまうのが少々厄介…。とはいえ、 世界トップレベルの演劇公演が日本にいながらにして見られる 、演劇人にとってはめちゃくちゃ有難い特別プログラムです。

【鑑賞料金】

一般:3,000円、学生:2,500円、障がい者:2,500円(要手帳提示、付添1名迄有効)

現在発表になっている上映作品

  • 『ロミオとジュリエット』『スカイライト』 :2月23日〜25日 扇町キネマ
  • 『ディア・イングランド』 :3月22日〜28日 TOHOシネマズ 日本橋ほか
  • 『善き人』 :4月5日〜11日 札幌シネマフロンティア
  • 『ベスト・オブ・エネミーズ』 :4月12日〜18日 札幌シネマフロンティア、5月10日〜16日 吉祥寺オデヲン

今後のラインナップ

イギリスでの上演スケジュールとNTLiveの予定

  • VANYA:上演終了、イギリスでは2月22日からNTLiveで公開予定
  • The Motive and the Cue :3月23日まで上演中
  • Nye:2月24日~5月11日上演予定
  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル