top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【コラム】スタバの店舗数が多くても、客の入りは? 韓国

GLOBAL NEWS ASIA

 スターバックス=スタバ。世界各国にあるが、各国で運営しているのは、現地企業だ。この現地企業が、マーケティングを念入りにして出店を決める。どうしてこんな田舎に? と思っても、モータリゼーション的に集客が見込まれれば、隣の人口が多い市町村ではなくっても、スタバは建つ。

 かつて、鳥取県にスタバがなかなかできず、「スナバ」なんてしゃれた地域カフェができたが、それが呼び込み効果になり、現在鳥取県にはスタバがある。それが日本の「スターバックスジャパン」のやり方だ。現在日本にあるスタバは、1901店舗、世界で3位だ。

 このスタバ店舗3位を、悶えながらうらやましがるのは、当然「韓国」だね。それでも世界4位の1893店舗。日本より8店舗少ない。悶える。

 日本の方が韓国より人口が2.5倍ということからすると、店舗出しすぎじゃね? 雪崩のようにつぶれていくんじゃね? という危惧さえある。それでも、出店を決めたのは「新世界イーマートグループ」であり、日本人の知ったことではない。

 世界にスタバは、3万8587店舗で、本家アメリカが1万6466店舗で、次が中国6975店舗、この2国だけで世界の61%になる。

広告の後にも続きます

 ちなみにコーヒーの本場ともいわれるイタリアは36店舗。日本ではともするとラーメンより高いスタバのメニューからすると、すごく納得する。おしゃれさんは、スタバの行列に並んでるが、筆者はお向かいにあるマックの120円でいいなあ。妥当な金額妥当な味の喫茶店でおいしいなあってコーヒーは飲みたいし。イタリア人、よく胃薬にも使われたコーヒーを、民の飲料にしてくださった。

 ちなみに、韓国のスタバは、各国に運営本部があるが、フランチャイズも行っている。とてもややこしいのだが、韓国のフランチャイズの一つスターバックスコリアは直営店だけで雇用も直接だそうだ。それって、各フランチャイズ当たり前じゃないのかしら。よーし! 8店とはいわず10店増やしちゃおうかなを今年やりそうな気もする。そんなに作っちゃうと、人は飽きるって本能があるのは、知らないだろうな、韓国は。
【編集:af】

 
   

ランキング

ジャンル