top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「UNIDOL 2023-24 Winter」は関西学院大学の「星空パレット」が優勝!シークレットゲストはJuice=Juice

asagei MUSE

 大学対抗の女子大生アイドルコピーダンス日本一決定戦「UNIDOL 2023-24 Winter 決勝戦/敗者復活戦」が、2月13日にKT Zepp Yokohamaにて催された。今回が12年目、21回目の開催となる。

 本大会では、元NMB48の渡辺美優紀が決勝戦のMCを担当。魅力的なMCで会場を盛りあげた。

 渡辺は会場に押し寄せたファンを見ながら「ステージから見る景色が懐かしい」と嬉しそうな様子。来場者による投票の際には自ら投票権を手にし、まだ投票が終わっていないファンに「早く早く! 急いで~!」と呼びかけるなど、スムーズな進行を担っていた。

 ステージとの距離が近い特別席ではチケットが高額だと知ると、「資本主義ですね」とのコメントで観客の笑いを誘ったところは、さすがNMB48の元エースと言ったところだろうか。

MCを務めた元NMB48の渡辺美優紀

 本大会では全国5地区の予選に61大学から72チームが参加。決勝戦では敗者復活戦を勝ち上がった2チームを含めた全17チームで優勝を争った。

広告の後にも続きます

 それぞれのチームが熱いパフォーマンスを繰り広げたなか、優勝を勝ち取ったのは関西学院大学の「星空パレット」。過去18回の開催では優勝を関東地区の大学が独占していたなか、他地区のチームとして初となる栄冠に輝いた。

 星空パレットは季節をテーマにしたセットリストで挑み、寒い冬を超えて春を迎える様子を見事に表現。その姿は関東地区以外のチームが10年にわたって耐え続けてきた冬の時代を、ついに彼女たちが打ち破った姿を表しているかのようだった。

優勝を果たした「星空パレット」のパフォーマンス

 表彰式では「今この場所で、地方初の優勝をするという星空パレットの夢が叶いました。本当にありがとうございます。嘘みたいで、まだ信じられないくらいです」と、喜びと驚きを表現。

 続けて「去年の今ごろは自分たちの戦い方ではダメなのかと心が折れそうにもなりましたが、自分たちの戦い方を貫いて、優勝することができて嬉しいです」と、優勝を目指して頑張ってきたことを振り返っていた。

関東地区以外のチームとして初の優勝に笑顔を見せる「星空パレット」(関西学院大学)

 準優勝は、同じく関西地区の同志社大学「やっぱりまかろん。」が受賞。3位の早稲田大学「夏目坂46」は前大会の優勝チームで、前評判の高かった夏目坂46を関西の2チームが上回った結果は、UNIDOLに新時代が到来したことを感じさせたのではないだろうか。

準優勝の「やっぱりまかろん。」(同志社大学)

3位の「夏目坂46」(早稲田大学)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル