top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「素直に謝ったらいいのに」伊藤英明『海猿』原作者との応酬がカオス展開…証言食い違いで “謝罪スルー” が蒸し返される事態に

SmartFLASH

映画「海猿」のロケ現場(2003年)

 

 2月10日、漫画作品『海猿』の作者である佐藤秀峰氏が、自身のnoteを更新した。先日更新したnoteで、俳優・伊藤英明の言動を非難していた佐藤氏だが、2人の応酬はカオスな展開に突入しつつあるようだ。

 

 2023年10月期にドラマ化された漫画『セクシー田中さん』の作者・芦原妃名子さんの訃報をうけ、自身の作品『海猿』が映像化された際の数々の理不尽を告白していた佐藤氏。《映画はDVD化されてから観ました。クソ映画でした。僕が漫画で描きたかったこととはまったく違いました》などと、原作者の意思があまりに尊重されなかった過去を明かしている。

広告の後にも続きます

 

 

 さらに、映画の撮影現場を見学に行くと、主演俳優から雑な扱いを受けたとも暴露した。

 

《プロデューサーが主演俳優を紹介すると言うので挨拶に行きました。撮影前だったらしく、その俳優はピリピリしていました。プロデューサーが話しかけると「原作者? しゃべんなきゃダメ!?」と吐き捨てました。嫌なヤツだと思いました》

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル