top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

予想外の大騒動に! 小室哲哉「看護師と不倫疑惑」で衝撃の引退宣言/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 それが嗜好品にせよ趣味にせよ、人間、大好きなものはそう簡単にやめられるものではない。なぜなら、そこには理性ではなく、本能が大きく関わっているからである。だからこそ、たとえ公の場で「今日限り、絶対に辞めます」と宣言したとしても、それが実行されるとは限らないのである。

 2018年1月19日、200人の報道陣を前にした記者会見で「音楽の道を退くことが、私の罰」と涙ながらに音楽活動からの撤退を表明した小室哲哉。だが翌2019年には名前を隠し、空間音楽を建築・芸術関係の企業に向けて提供する仕事を再開した。

 さらに2020年には乃木坂46の「Route 246」に作曲・編曲として参加するなど、公の場で楽曲提供を行ってきたことは周知の事実だ。

 だからとって彼を批判するつもりはさらさらないし、才能が評価され、仕事があるのなら、むしろ頑張れと声援を送りたいくらいだ。

 小室は2度の結婚を経て、globeのボーカリストKEIKOと2002年に再婚した。だが2008年の詐欺事件で逮捕され、有罪判決を受ける。

広告の後にも続きます

 そして2011年10月、KEIKOはくも膜下出血で倒れると「脳にちょっとした障害」が残ってしまったという。小室いわく、

「夫婦のコミュニケーションというのが日に日にできなくなり、会話も1時間、10分、5分という形でもたなくなり、僕から見て女性というより女の子になってしまった」

 小室自身も介護疲れから原因不明のC型肝炎になり、その後、突発性難聴を発症。左耳が聞こえない状態で、入院を余儀なくされたという。

 そんな中で「週刊文春」に報じられたのが、看護師との不倫疑惑だった。会見で小室は、

「お恥ずかしい話、もう男性としてのそういった要求とはかけ離れていまして。彼女を女性として呼んだことは1回もありません」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル