top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

飼い主が『愛犬のお触り一覧表』作成 結果に「物騒」「OK部位の少なさに泣く」

grape [グレイプ]

ペットに愛情を伝える方法はさまざま。

スキンシップはよくある方法の1つですが、適当になでればいいわけではありません。

柴犬のカナちゃんと暮らす、飼い主(@GokkunMonster)さんは、取りあつかいについて可視化したイラストをX(Twitter)に投稿しました。

その名も『カナちんお触り一覧表2024』!

こんなに可憐なカナちゃんですが、表を確認すると…。

広告の後にも続きます

危険ゾーンだらけ…!

特に、首周りから下を触れるのは許されないようですね。

淑女にみだりに触れてはいけないことが分かる1枚に、反響が上がりました。

・こんなにかわいいのに、物騒で爆笑。

・OKゾーンしかないうちの子と、えらい違いだ…。

・全部の脚がNGなため、『お手』は厳禁ですね!

・許されている部分が少なくて泣く。

こちらの一覧は、以前ネット上で流行していた『お触り一覧表』を参考に描いたとのこと。

飼い主さんの投稿に刺激を受け、自分の愛犬や愛猫などの『お触り一覧表』を描く人も続出しました。

それを見ると、お触りしていい箇所は個体によってかなり違うようです!

もし間違えたら『怖いこと』になるので、なでて喜ばれる場所をきっちりと押さえておきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典 @GokkunMonster
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル