top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「もはや地元の産業」大谷翔平「986億円」後払いをカリフォルニア州が問題視「大谷が出ていけば142億円の税収が消える」

SmartFLASH

写真:AP/アフロ

 

「このままでは、約9800万ドル(約142億円)の税収を失う可能性がある」

 

 大谷翔平選手(29)がドジャースと結んだ10年総額7億ドル(約1015億円)の超巨額契約をめぐり、カリフォルニア州会計監査官のマリア・コーエン氏がこう危惧していることがわかった。

広告の後にも続きます

 

 どういうことなのか。

 

 MLBは、年俸総額の上限を超えると、その額に応じて球団が「ぜいたく税」を支払う仕組みになっている。そのため大谷は、球団に「後払い」を提案。契約期間の10年間は、毎年200万ドル(約2億9000万円)に抑え、残り約97%の6億8000万ドル(約986億円)を契約終了後の2034年~2043年に受け取ることにした。

 

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル