top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【秘話発掘】「見ちゃいけないものを見てしまった」松井秀喜が入団を切望したヤンキースとの「衝撃的な縁」

アサ芸プラス

 巨人時代の松井秀喜氏がFA権を取得したのは、3度目の本塁打王と打点王に輝いた2002年オフだった。巨人の4番がメジャー行きを表明し、ヤンキース入団の報を知って驚いたのは、なにも巨人党だけではなかった。

 野球解説者・掛布雅之氏のYouTubeチャンネル〈掛布雅之の憧球【公式】〉に出演した松井氏が、メジャー行きの思いを決定的にすることになった「事件」を激白した。

「1999年、巨人は優勝できなかったんですよね。当時はヤンキースが強い時期で、ニューヨークでプレーオフをやってるっていうので、シーズン終わって10日間くらい休みあって、ヤンキースの試合を見に行きたいと思って。しかもリーグチャンピオンシップで、相手がボストン・レッドソックスで、いちばんいいの見ちゃったんですよ。今まで自分がやってきた野球の空気感じゃない。ダメだ、これは見ちゃいけないものを見ちゃった、と思って…。帰国してからもずっと、心の中に残ってるんですよ。だからメジャーっていうよりも、私はヤンキースの、あのヤンキー・スタジアムなんですよ」

 松井氏の言う1999年の巨人は、先発三本柱として長らく投手陣を牽引してきた槙原寛己、斎藤雅樹、桑田真澄が揃って1ケタ勝利。ルーキーの上原浩治が20勝で、ひとり気を吐く快投を見せたものの、チームは2位に終わる。

「もっとも、巨人が優勝を逃したのは1997年から3年連続で、松井のメジャー志向を高めるのに十分な期間があったのでは」(球界関係者)

広告の後にも続きます

 2009年、松井氏は日本人唯一となるワールドシリーズMVPを獲得。胸のすく思いのプロ野球ファンは多かったはずだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル