top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

70歳になる石田純一が語る「終活」前妻・松原千明さんと姉を孤独死で失い「生きてること自体が奇跡なんだな」

SmartFLASH

映画『散歩屋ケンちゃん』中のセリフ「プリンは文化だ」Tシャツ姿で笑う石田純一

 

「この年になると、毎日が常に終活なんです(笑)。『人間いつ死ぬかわからない』と、松原さんや、姉の葬儀のときにも感じました。いつ死んでも、悔いがないようにと思って生きています」

 

 俳優でタレントの石田純一が、2024年1月14日で70歳になる。石田は、2022年10月、前妻で女優の松原千明さんを、2023年8月には実の姉で、歌手の石田桃子さんを立て続けに亡くした。松原さんは、移住先の米ハワイ州の自宅で急死しているのが発見された。64歳だった。

広告の後にも続きます

 

 

「(松原との長女)すみれから『ママが亡くなりました』と連絡があり、『え、亡くなった? 嘘でしょ……』と返すのが精一杯でした。まったく想定していなかったので、ちょっと理解が追いつかないというか。松原さんのお父さんである原健策さんも、96歳まで長生きされたし、ご長寿の家庭なんですよ。僕より先に亡くなるとは思っていなかったんです」

 

 松原さんの訃報を聞いたのは、長男・いしだ壱成との初共演映画『散歩屋ケンちゃん』(寺井広樹監督)の撮影に入る直前だった。石田は、壱成が2歳のときに最初の妻との離婚により別れ、16歳で再会している。そんな実生活さながら、生き別れた親子を演じるコメディタッチの作品だ。親子で共演を果たしたことに、石田はさまざまな思いが込み上げてきたという。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル