top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

大谷翔平 打者専念の2024年は本塁打記録更新か…ALに留まればジャッジとの熾烈争いも

SmartFLASH

エンゼルス・大谷(右)とヤンキースのジャッジ

 

 2023年、大谷翔平選手はアメリカンリーグ(AL)の本塁打王に輝いた。自身はもちろん、日本人選手として初めての快挙である。

 

 MLBにおいて2021年シーズンはボールが飛ぶと言われ、逆に2022年シーズンはボールが飛ばないと言われた。では2023年はどうだったのだろうか。

広告の後にも続きます

 

 MLBレギュラーシーズン公式戦1試合あたりの、1チームの平均本塁打数を見てみると、2020年は1.28本で、2021年は1.22本だった。2022年は1.07本と前年比で12.3%もの下落となった。これは2015年の1.01本以来の低水準である。

 

 

 しかし2023年は1.21本と、一昨年並みの水準に戻った。ただ、個人成績の上位の選手で見れば、MLB全体で40本塁打以上を放った打者は、2021年5人、2022年4人、2023年6人と大差はない。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル