top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「KYインスタ」「役職就かず表に出ず」「社名変更に反対報道」ジャニーズ問題で株暴落・木村拓哉が見せてきた“悪手”

SmartFLASH

 

 ジャニーズ事務所の性加害問題がクローズアップされて以来、その行動に大きな疑問符がついているのが、木村拓哉だ。

 2023年9月7日の、第1回めの事務所による会見後、木村は自身のInstagramに《show must go on!》という言葉をドヤ顔の自撮りとともに掲載した。この言葉は、故・ジャニー喜多川氏が生前、事務所の所属タレントに伝えてきたモットーである。9日までにこの投稿は削除されたが、失望の声が殺到、SNS上に殺到した。

 

《かつての国民的スターだったキムタクも、ただの空気読めないおじさんに成り下がってしまった。それでも自分は90年代の若いままで、世界は自分が中心だと思い続けている》

広告の後にも続きます

《今このタイミングで言うことではないと思うのですが、、、、》

《人生を賭けて顔を晒してでも自らの尊厳を取り戻す為に勇気を出して性被害を訴える決断をした人達がいる。また被害を訴えれずともジャニー氏の性被害に苦しむ人達が大勢いるにも関わらず、このような空気の読めない行動に出る木村拓哉の不遜さは軽蔑しかない》

 さらに10月2日、事務所が2度めの会見を終えた後には、自身のInstagramに《一歩ずつ、前に!PEACE!! STAYSAFE!拓哉》と、愛犬と散歩する動画と自身のキメ顔写真とともに投稿。またもSNSで

《まるで他人事 かっこ悪すぎる 会見内容はどうあれ会見で矢面にたっている人間と違い過ぎる》

と、表にも出ず、見当違いな投稿をした態度に手厳しい意見が寄せられた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル