top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

買い物に来た男性 手に取ったニンニクの『意外な生産者』に、泣いてしまった話

grape [グレイプ]

みなさんは、嫌いだったり、苦手だったりする食べ物はありますか。

たとえ栄養価が高い食べ物でも、好みと合わなかったり、アレルギーなど体質と合わなかったりする場合は、なかなか口にできないものです。

そんな『苦手な食べ物』を題材に、すがぬまたつや(@sugaaanuma)さんが、X(Twitter)で4コマ漫画を公開しました。

『生産者の顔』

ある日、スーパーマーケットへ買い物をしに来た男性。

ニンニクを探していたところ、生産者の顔写真が付いたパッケージを見つけて…。

広告の後にも続きます

ニンニクを生産していたのは、なんと吸血鬼!

人間の血を吸う妖怪として知られていますが、ニンニクが苦手という特徴があります。

そんな吸血鬼が生産していたニンニクのこだわりポイントは、ズバリ『吸血鬼が食べられるニンニク』。

苦手なニンニクを開発する吸血鬼の苦労を思って「しんどかったろうなあ…」と、男性はつい涙してしまうのでした。

【ネットの声】

・吸血鬼も、ニンニクを食べたかったんだな…。

・血のにじむような努力したんやろなぁ…吸血鬼だけに。

・このニンニクの開発を経て、耐性がついている可能性がある。

・次は『吸血鬼が太陽光に当たっても死なない日焼け止め』の開発だな。

吸血鬼がニンニクを苦手とするのは、ツーンとした匂いが理由とされていますが、漫画に出てくるニンニクの匂いはどうなっているのでしょうね…!


[文・構成/grape編集部]

出典 @sugaaanuma
 
   

ランキング

ジャンル