top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

爆笑問題が語る『ボキャブラ天国』秘話「審査員から客まで、全部に毒づいて、メチャクチャにしてやるって」

SmartFLASH

「楽屋ではみんな仲よかったけど、『俺はここで売れる』と思ってた。スタジオでは戦ってたね」(太田)。写真は1997年撮影

 

 1992年10月に放送が始まった『タモリのボキャブラ天国』(フジテレビ系)は、やがて無名芸人たちがダジャレネタで競い合うスタイルに変貌。大ヒットし、1999年の8期まで続く人気番組となった。

 

 番組に出演する芸人は「キャブラー」と呼ばれ、2000年代以降を席巻するようになる。その代表的存在が、爆笑問題の太田光(58)と田中裕二(58)だ。

広告の後にも続きます

 

 

「最初に企画を聞いたときは、おもしろいのかな? って半信半疑でしたよ。スタッフも、ここまでハネるとは思ってなかったはずでね」(田中)

 

 1993年に「NHK新人演芸大賞」を受賞し、キャブラーのなかでは実績のあった爆笑問題は、『ボキャ天』でも連勝を重ね、初代名人に輝く。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル