top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『ONE PIECE』休載、原因は尾田栄一郎氏の「ひどい乱視」…40代から増える目の不調を専門医が解説

SmartFLASH

『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィ

 

 大人気マンガ『ONE PIECE』の作者である尾田栄一郎氏(48)が、「週刊少年ジャンプ」の連載を休載することを、6月6日、「ONE PIECE スタッフ」公式ツイッターアカウントが発表した。

 

《【お知らせ】『ONE PIECE』は再来週発売となる週刊少年ジャンプ29号〜32号まで、尾田先生の目の手術に伴い休載いたします。なお、来週発売の28号には通常通り掲載いたします。読者の皆様をお待たせしてしまい、申し訳ございません。再開は7.18(火)発売の33号を予定しております。》

広告の後にも続きます

 

 

 ツイートでは、6月19日発売号から4号にわたっての休載を発表。尾田氏の《ちょっと手術したいんですどうしても。目から…ビームを出す手術をする事になりました!!(中略)「最近双子の人多いよねー」なんつってたらひどい“乱視”でね、物がぶれて見えるんですよ。》という直筆のイラストとメッセージも寄せられている。

 

 読者を心配させまいという配慮からか、軽妙な調子で病状が綴られているが、同誌の編集長には昨年から相談していたというから、長く症状に悩まされてきたことがうかがえる。眼科専門医で、「ルクスアイクリニック代々木上原」院長の河本立徳(こうもとたつのり)医師が、尾田氏の症状をこう推察する。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(マンガ)

ジャンル