top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「松本批判」オリラジ中田に「絶縁宣言」のチョコプラ長田、1年前からできていた「信頼関係崩壊」の萌芽

SmartFLASH

 長田は中田に電話で直接、謝罪したが、「ちょっと距離を置きたい」と言われてしまい、一連の動画は削除へ。ゲストらとも議論を交わしたうえで、長田は「“相方思い”というのを出そうとしていたのでは」「あっちゃんは俺たちとバチバチやりたかったんじゃないか」などと推測し、「俺は中田敦彦、好きです。汲み取ります。けんかしてやります! もう共演禁止ですよ」と断言した。

 

 動画終盤では、この動画が撮影されたのは、中田が“松本批判”動画を出す以前のことだったと明かされている。最後に長田が1人で映った動画が流れると、「とりあえず、わたくしは中田敦彦は共演NGでやらさしていただこうかなと思っております。あの人がガッツリ謝ってくるまで止めません。バチバチバトルでいきたいと思います。だいぶ松本さんにもタンカ切ってましたけど、私は松本人志派でございます」と、あらためて“絶縁宣言”した。

 

 中田にとってはなんとも厳しい展開だが、チョコプラと中田の間には、1年前から“トラブルの萌芽”ともいうべき出来事があった。

広告の後にも続きます

 

「チョコプラは、オリラジの1期後輩にあたり、東京NSC時代から17年も関係が続いている間柄です。互いのYouTubeに出演したり、テレビで共演したりする機会も多い。関係性が深いぶん、思うこともあるようで、2022年6月には長田さんが『あの人にうかつについていくと危ない。振り回される可能性がある』と、YouTubeの動画で不満を暴露しています。

 

 それによると、チョコプラのYouTubeの人気企画『悪い顔選手権』に中田さんが『出たい!』と希望し、撮影準備を進めていたにもかかわらず、当日、現場に来たのは藤森さんのみ。『(中田は)シンガポール行く準備をしないといけないから、だめなんだって』と明かされたといい、『いっさい、俺に連絡も謝罪もなかった』と不満をぶちまけていました。その後、中田さんは2人に、電話や直接会っての謝罪をしたといいますが、こうした行動で少しずつ人望を失っていった結果が、現在の孤立無援状態につながっているのかも知れません」(芸能記者)

 

 親しい後輩からも“共演NG”を突きつけられた中田。お笑い界のなかで、本格的に四面楚歌の状態になりつつあるようだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル