top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【浜田麻里 40周年インタビュー】第3弾:初のレーベル移籍&長年にわたるライブ活動休止に至った背景とは? 世界的な活動の裏で抱えた“理想の環境とのギャップ”

Real Sound

浜田麻里(写真=秋倉康介)

 日本におけるヘヴィメタルシンガーのパイオニアである浜田麻里。2023年にデビュー40周年を迎える彼女は、今も最前線でその圧倒的なハイトーンボーカルを響かせ続けている。リアルサウンドでは「浜田麻里 デビュー40周年特集」と題して、全6回の連載インタビューを展開中。幅広い音楽性の根源や制作拠点の変遷など、40年間を振り返って、ターニングポイントとなった出会いやライブ、各アルバムの制作秘話から、活動に対する赤裸々な苦悩・葛藤まで、貴重なエピソードも交えながら存分に語ってもらった。第3回は、レコード会社の移籍を経て、長年にわたるライブ活動休止に至るなど、ヒットシングル誕生後にも関わらずさまざまな困難に直面し、乗り越えていった1990年~1995年ごろまでを振り返る。(編集部)

(関連:【浜田麻里 40周年インタビュー】第1弾:“ヘヴィメタル”を掲げて鮮烈なデビュー

MCAビクターへ、邦楽第一号アーティストとしての移籍事情

――前回は『COLORS』(1990年9月)の頃までのお話をしていただきましたが、この辺りからまた歴史が動いていくことになりますね。

浜田麻里(以下、浜田):はい。とても大きく動きました。制作に関しては、サウンドプロデューサーがマイク・クリンクからグレッグ・エドワードへと代わり、アルバムだけでなくシングルヒットがいくつも出て意気揚々でした。ビジネスとしてもすごくいい時代に入っていった感じですよね。ファンの皆さんのおかげです。ライブも武道館公演を含む大規模ツアーが毎年の恒例となり、そんな時代は5年ほど続いたと思います。『COLORS』リリース時のライブ会場は、武道館より少し大きい代々木オリンピックプール(現在の国立代々木競技場 第一体育館)でしたね。

広告の後にも続きます

――ええ。ただ、『COLORS』のリリースに伴う活動を経て、デビュー時から在籍したビクターエンタテインメントを離れることになり、MCAビクター(アメリカのMCAレコードの日本での業務を行うために新設された合弁会社)に移籍することになりました。ここは一つの大きな転機ですよね。

浜田:前回もお話をしましたけど、どうしても初期の事務所から逃げたくて、そのときにはビクターに(浜田麻里の事務所として)子会社を作っていただく形で助けていただいたんですけれども、人間ってお互いに慣れていくものなんでしょうか。その状況が普通になってしまうと、だんだんぬるくなってきたり、すごく嫌な言い方をするとしたら「ビクター内のアーティストなのだから」といいように使われてしまったと感じる出来事が増えていきました。何か具体的なエピソードを正直にお話ししないと、伝わらないかもしれませんので、現在所属しているレコード会社のことにはなりますけど、ビクターとのことを最初にお話ししますね。もちろん今のビクターに当時のことを知る人は誰もいなくて、すでに世代は様変わりしています。

 私は独立独歩型で、大手事務所に所属するタイプではないんです。日々のお仕事の選択をどなたかに全て委ねることを良しとしないというか。よく言えば自立心旺盛なんですが、周りからしてみたら、なんの後ろ盾もない一個人でした。特に多くを高望みしすぎることもなく、人と問題を起こすばかりのアーティスト系の人格でもないんですね。傍から見たら、女一人で頼りなく見えたと思います。ビクター内に私の個人事務所を立ち上げていただけるほど恵まれていた反面、アーティストとして一目置かれるには、まだ若すぎました。レコード会社の男性陣はみんな年上だったり目上の方で。事務所の最初の社長で、目をかけてくださった部長さんはすでに退職されていました。やがて、立て続けにシングルやアルバムがヒットしたため、私はビクターの稼ぎ頭になりました。特別扱いしてほしいわけではなかったんですけど、子会社の頼りない女性シンガー、という植えつけられたイメージを、なかなか払拭できなかったんだと思います。

――なるほど……。

浜田:ある日、帝国ホテルで行われたビクターのヒット賞の授賞式に出席しました。私はその年の売り上げ1位だったんです。ロック系のアーティストは男女問わず、ほとんど欠席なのはいつものことですが、私はどんなに多忙でも必ず出席しなくてはならない立場でした。他の所属アーティストさんたちにお会いできる機会でもありましたし、やっと一番になれたし、それなりに楽しもうと、少しおめかしして出席しました。

 森進一さんの後ろの席で、隣は(松本)伊代ちゃんでした。司会者の常務取締役の方が皆さんのお名前と受賞曲を読み上げていき、壇上で軽くご挨拶をする流れでした。なのに、いつまで経っても自分の名前は呼ばれませんでした。伊代ちゃんが「麻里さん呼ばれてないよね?」と話しかけてくれたのが救いでした。私は忘れられてしまったのです(笑)。そういうときばかりは、普段から三枚目な感じで、「あれ、俺は? 呼ばれてないよ~」なんて、おどけられる人たちがとても羨ましいと思いました。実際の私は、森進一さんの綺麗な襟足をジーっと見つめることしかできませんでした(笑)。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル