top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

櫻井翔「パトカーに乗って警察署に行った」「一番ショックなのは妹」警察で事情聴取を受けたと暴露

Quick Timez

しかし、直後に中居さんは2人の顔を見ながら「松井のほうが良かったかな」としくじり物憂げな表情となった中居さんの顔真似をしたところ、同番組出演者から「マジでどっちでもいいっすわ」と盛大にツッコまれると、中居さんは「どっちでも良くない!大事だろっ!?」と憤慨気味の表情をします。

櫻井さんは「(その後、中居さんが)凹みまくって。超楽しく話してたのに」と、楽しい食事会の空気が一変したことを回顧。

気を取り直すべく「(領収書を)頼み直しますか?」と打診した瞬間に中居さんから「言えよ!言えんのか?じゃあ!」と返答されたそうで、「『櫻本』であんなに盛り上がったのにお前、松井で頼めんのか領収書!」という収拾のつかないやりとりを再現しました。

その後も「櫻本」と「松井」で納得しない中居さんに対し「領収書の感覚が分からない」とお手上げ状態だった過去を暴露。

過去のエピソードでありながらも当時の気持ちを思い出したのか、中居さんは「恥ずかしいだろ」、「『櫻本』でもらったあと『松井』でお願いできますか?って言ったら笑われちゃうじゃん」という流れでスタジオを大いに盛り上げました。

広告の後にも続きます

ここで次の話題に移ると思いきや、中居さんが櫻井さんに「はい」と言いながら手を差し出し、「おごってないよオレ。あれ、割り勘だぞ。」、「先輩が絶対おごるっていうルール、別にないからな?」と櫻井さんに喧嘩を売るような挑発的な目線を投げかける中居さん。

櫻井さんは「これでキレにいくの、大野なんで」と、中居さん&大野さんによる過去の歌番組でお約束だった下克上コントの流れをぶった切りました。

櫻井翔、勝気な少年時代を振り返る「はい、やられた〜」

今回、冒頭で尽きぬエピソードをたくさん披露した櫻井さん。

中居さんとNHK紅白歌合戦で共演した話しや、プライベートで行った食事会の話など、ファンにはたまらないエピソードが面白おかしく語られました。

その後、すぐにこの日の特集に映ると思われましたが、櫻井さんの話はまだ続き、勝気だったという少年時代を回顧。

櫻井さんは小学校高学年のころ、家の近くで自転車を押しながら歩いていたところ自動車が後ろから通るも「僕の自転車をメリメリメリメリって」と、櫻井さんの自転車を擦り、そのまま走って逃げたエピソードを衝撃告白します。

続けて「勝気な子どもだったんですかね。『はい、やられた〜』と思って『ナンバー覚えます』」と、走り去っていく車のナンバーを凝視している様子を再現。

自宅に帰り、メモにナンバーを記載して母親の帰りを待ち、帰宅した母親にメモを渡した上で「自転車が車に引かれた。警察に電話して」と通報を促したそう。

その後「パトカーに乗って警察に行って…」と事情聴取として自宅に来た警察官とパトカーに乗り警察署へ行ったそうで、当て逃げした人物が捕まったエピソードを披露しました。

櫻井さんには妹がおり、その頃の景色を鮮明に覚えているそうで「一番ショックだったのは妹だと思います」と、しっかりとオチをつけて共演者らを爆笑させた櫻井さんでした。

視聴者からは、1時間以上の持ちネタがあると思うと大好評の回となったようです。

(文:Quick Timez編集部)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル