top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

斎藤工&片岡愛之助、『警視庁アウトサイダー』出演決定 西島秀俊の前に立ちはだかる

Real Sound

『警視庁アウトサイダー』©テレビ朝日

 2023年1月よりテレビ朝日系で放送がスタートする西島秀俊主演の木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』に、斎藤工と片岡愛之助が出演することが決定した。

 参考:【写真】『警視庁アウトサイダー』モノクロのポスター

 本作は、脛に傷を持つ“グレー”な刑事たちが、秘密を隠しながら、互いに利用しあい、それぞれの正義を見出していく刑事ドラマ。西島が主演を務めるほか、共演に濱田岳、上白石萌歌が名を連ねた。原作は、『メゾン・ド・ポリス』『インディゴの夜』などで知られるミステリー作家・加藤実秋の同名小説で、コミカライズも決定している。

 西島が演じるのは、見た目が極道の元マル暴“オヤジ刑事”。濱田が一見さわやかなのに大きな秘密を抱えたエース刑事、上白石が安定した就職先として警察を選んだ新米刑事を演じる。警察組織の中で異質な存在=“アウトサイダー”である3人が持ちつ持たれつ、さまざまな難事件に挑む。やがて、それぞれが背負っていた過去の真実が明らかになり、物語は壮大な復讐劇へとなだれ込んでいくことに……。果たして、アウトサイダーな刑事たちが選択する正義とは。

 斎藤が演じるのは、与党所属の衆議院議員・小山内雄一。組織犯罪の撲滅をスローガンに掲げる若手のホープで、カリスマ的魅力を持つ政治家だ。しかし、英児が警視庁組織犯罪対策部から桜町中央署へと左遷される原因となったトラブル、そして光輔が抱える危険極まりない秘密にも深く関わっているようで、いつしか3人の行く手を阻む、巨大な障壁になる。

広告の後にも続きます

 人気者でありながら決して気取らず、熱き信念を忘れない若きリーダー。一見好人物にしか思えない雄一の奥底には、一体どんな闇が潜んでいるのか。

 また、片岡が演じるのは、上白石扮する直央の実父であり、警視庁副総監を務める有働弘樹。元妻・真由(石田ひかり)と離婚したため、直央とは別々に暮らしているが、娘への愛情は深い子煩悩な男だ。

 しかし、彼もまた若かりし頃の壮絶な体験から組織犯罪撲滅という信念に取りつかれており、同じ志を持つ雄一を強く支援している。そして、ストーリーが進むにつれ、有働の内に潜む、ある種の過激さが徐々に輪郭をあらわしていくことになる。一体、有働は3人が追い求める真実にどう関わっているのか。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ランキング

ジャンル