top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

阿部サダヲ主演映画『シャイロックの子供たち』本予告 主題歌はエレファントカシマシ

Real Sound

『シャイロックの子供たち』©2023映画「シャイロックの子供たち」製作委員会

 2023年2月17日公開の阿部サダヲ主演映画『シャイロックの子供たち』の本予告と本ビジュアルが公開され、あわせて主題歌がエレファントカシマシによる書き下ろし楽曲「yes. I. do」であることが発表された。

 本作は、累計発行部数50万部を突破した池井戸潤による小説『シャイロックの子供たち』(文春文庫)を映画化するもの。小説とは展開が異なり、独自のキャラクターが登場する完全オリジナルストーリーとなる。2018年公開の映画『空飛ぶタイヤ』の本木克英監督はじめメインスタッフが再集結した。

【動画】映画『シャイロックの子供たち』本予告【2023.2.17(金)公開】

 公開された本予告では、“メガバンクから10億円が消える”という衝撃的な事件をきっかけに、事件の真相と登場人物たちの思惑や欲望、そしてそれぞれが隠し持つ“裏の顔”に、阿部演じるベテランお客様係の西木が徐々に迫っていくさまが描かれる。にこやかな笑みを浮かべながらもどこか怪しい雰囲気も纏う“出世したい男”九条(柳葉敏郎)や、怒鳴り声を上げる“超パワハラ男”古川(杉本哲太)、「何も知らなかったで押し通すさ」と穏やかではないセリフを残す“謎の男”沢崎(柄本明)に、“利用する男”として切り取られる石本(橋爪功)など、それぞれが“裏の顔”を持っていそうな個性豊かな登場人物たちが並ぶ中、疑われたのは、事件の舞台となっている長原支店で働く女性行員の北川(上戸彩)の姿も。

 また、映像内ではエレファントカシマシが書き下ろした主題歌「yes. I. do」も披露。すべての闘う人たちへのエールのようなメッセージを込めた楽曲に、宮本浩次からは「『ああ、俺たちは別に立派でも何でもないけれど、折にふれそんな自分を感じられるストレイトな感情を持っている。』そしてわたしもいい曲とか、悪い曲とか、そんなところじゃなくて心のままにストレイトに曲を作り上げることを心がけ、そしてこの『yes. I. do』はこれを形にする事に成功したのではないかと自負しています。久しぶりに鳴らすエレファントカシマシのサウンドがこの映画と共にあることが誇りです」とコメントしている。

広告の後にも続きます

 主演の阿部も「自分が演じた西木という男にすっごくハマるなぁ、と思いながら最初聴いてましたけど……西木だけじゃない、他の登場人物にも、いや、全ての人にハマっちゃう凄い曲ですね!」とコメントを寄せ、本木監督も「悲しみや虚しさを 、生きる情熱に変えてしまう楽曲でした。宮本浩次さんには、この映画を見て思ったことを率直に、断定的に叫んでほしいとお願いしましたが、期待を上回る力強い愛の歌に心が震えます」と楽曲へも太鼓判を押している。

■コメント
・エレファントカシマシ 宮本浩次

『シャイロックの子供たち』の”主題歌”を作るにあたり、わたしはまず2回この映画を観ました。人間の心を善とか悪とかではないものを基準として描いたこころの日記のような作品で観た後に、わたしの心はずいぶん軽くなりました。「ああ、俺たちは別に立派でも何でもないけれど、折にふれそんな自分を感じられるストレイトな感情を持っている。」そしてわたしもいい曲とか、悪い曲とか、そんなところじゃなくて心のままにストレイトに曲を作り上げることを心がけ、そしてこの「yes. I. do 」はこれを形にする事に成功したのではないかと自負しています。久しぶりに鳴らすエレファントカシマシのサウンドがこの映画と共にあることが誇りです。この映画を見た人たちの心に作品の持つリアリティーや俳優陣の凄みのある、素晴らしい演技を邪魔することなく、この「yes.I. do 」が溶け込んでくれたなら、今はそんな楽しい夢想の日々です。                                    

・阿部サダヲ

『シャイロックの子供たち』エンディングテーマ聴かせて頂きました! 自分が演じた西木という男にすっごくハマるなぁ、と思いながら最初聴いてましたけど……西木だけじゃない、他の登場人物にも、いや、全ての人にハマっちゃう凄い曲ですね! もちろん自分も、答えはいつもheartの中です。宮本浩次さんは「俺」って歌詞が本当に似合いますねぇ。最高です。この曲を聴いてシャイロックのプロモーション頑張ろうと思います! ありがとうございます!

・本木克英監督

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル