top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

窪塚洋介&松田龍平、豊田利晃監督の新作長編映画『次元を超える』でW主演に

Real Sound

(左から)窪塚洋介、松田龍平

 窪塚洋介と松田龍平の2人が、2024年に公開される豊田利晃監督の新作長編映画『次元を超える TRANSCENDING DIMENSIONS』でW主演を務めることがわかった。

 近年は信仰を軸に『狼煙が呼ぶ』(2019年)、『破壊の日』(2020年)、『全員切腹』(2021年)など、『狼蘇山』シリーズとして混沌の時代に挑む作品を作り続け、2022年は最新監督作『生きている。』を発表した豊田監督。2020年以降は毎年、東京2020オリンピック開会式であった7月24日に上映イベントを開催し、世に問いを投げる祭りを発信続けている。その総決算ともいえる本作は、舞台を宇宙まで広げる、時空を超越するような壮大な物語。SF要素も加わり、『狼蘇山』シリーズの新章となる。

 脚本執筆中の中、W主演となるキャストが発表された。物語の軸になる千日回峰行者役を窪塚、街の精神的なバランスを保つ「狼」と呼ばれる謎の男役を松田が演じることが決定した。

 本作は2024年の公開に向けて、現在クラウドファンディングを実施中。期限は12月31日までで、目標額は1億円となっている。

 なお、12月10日にはシネマート新宿にて「狼葬2022」が開催。『狼煙が呼ぶ』『破壊の日』 『全員切腹』『生きている。』の『狼蘇山』シリーズ4作品の一挙上映のほか、切腹ピストルズのライブ、渋川清彦、飯田団紅、豊田監督の舞台挨拶などが実施される。

広告の後にも続きます

【豊田利晃監督 コメント】
この映画が最後になるかもしれないと思うと、窪塚洋介と松田龍平には是非、出演して欲しいと思った。 自分の中の静と動、白と黒、対照的な二人がスクリーンで激突するのを楽しみでしかない。

(リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング

ジャンル