top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ミシシッピテソーロの末脚炸裂」

アサ芸プラス

 師走は2週目に突入。季節は慌ただしく過ぎていくが、それに乗った競馬もそうで、師走の風物詩とも言うべき有馬記念は、あと2週に迫った。

 その師走のGI戦第2弾は、デビュー間もない2歳牝馬同士の戦い、阪神ジュベナイルフィリーズだ。

 おてんば盛りが多く、前走で強い勝ちっぷりを披露していながら、あっさり馬群に呑まれて消えてしまう馬もいる。なんともつかみづらいのが、この時期の牝馬の特徴で、人気どおり収まらないことも多い。

 02年に馬単が導入されて以降、これまでの20年間、その馬単による万馬券は6回(馬連で5回)。一見、そう荒れていないように思えるが、この間、1番人気馬は7勝(2着2回)、2番人気馬は2勝(2着3回)で、1、2番人気馬によるワンツー決着は2回のみ。一筋縄で収まらないことが見て取れよう。

 にもかかわらず、この20年間でウオッカ(06年)、ブエナビスタ(08年)、アパパネ(09年)、ラッキーライラック(17年)、ソダシ(20年)など、ここで勝利を収めて翌年のクラシック戦線で活躍した馬は少なくない。波乱含みとはいえ、桜花賞、オークスを見据えたうえで馬券作戦を組み立てることが、ポイントになるだろう。

広告の後にも続きます

 今年の顔ぶれを見てみよう。前哨戦ファンタジーSの1、2着馬リバーラとブトンドール。アルテミスS1、2着馬ラヴェル、リバティアイランド。新潟2歳S勝ちのキタウイング、札幌2歳Sの1、2着馬ドゥーラにドゥアイズ。新馬─特別と2連勝中のウンブライルなどが有力候補とみられているが、いずれも力は確かなものの、絶対視できるような抜けた存在は見当たらない。伏兵視できる馬も多く、ハイレベルの混戦模様とみてよさそうだ。

 悩むところだが、穴党として期待を寄せてみたいのは、ミシシッピテソーロである。前走のアルテミスSは9着に敗れたが、これで評価が落ちるようなら好都合だ。

 その前走は3カ月ぶりの実戦で体重が12キロ増。明らかに重め残りの仕上がり状態だった。やや行きたがるところがあり、前半、折り合いを欠いたのは、そのためで、参考外にしていいのではないか。

 今回は中間しっかりと調整されて、乗り込み量も豊富。1週前の追い切りは悪い馬場状態の中、稽古駆けする相手と互角に動いて気を吐いていた。

「輸送もあり恐らく10キロぐらい体重は減ると思うが、それが本来の姿。力を出せる状態で臨めると思う」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル