top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

森保監督にあと少し勇気があれば…ベスト8も夢ではなかった

アサ芸Biz

 森保監督が現役時代、初めて日本代表に選ばれたのは1992年にオフト日本代表が誕生したときだった。

 日本代表初日、ホテルからトレーニング場に移動するバスに乗り込んだ森保は、どこに座っていいかわからず、空いていた席を見つけ「ここ、いいですか?」と聞いて井原正巳(現・柏レイソルヘッドコーチ)の横に座らせてもらった。

 移動のバスの中で井原に、

「君、ポジションはどこ?」

広告の後にも続きます

 と聞かれ、

「ディフェンシブ・ハーフです」

 と答えた。

 当時の日本リーグはホームアンドアウエーではなく、1回戦総当たりでテレビ放送もなかった。情報が少ないとはいえ、日本代表に選ばれたのに、ポジションさえ誰にも知られていなかった。そんな無名な選手が30年後、日本代表の監督として世界を驚かせると、誰が予想しただろうか。

 グループリーグで強豪ドイツ、スペインを倒し旋風を巻き起こした日本は、初のベスト8進出をかけて前回準優勝のクロアチアと対戦した。しかし、ここまで選手交代がズバズバと決まっていた森保監督の采配が後手に回ってしまった。

 前半終了間際の43分、前田のゴールで日本が先制する。ところがグループリーグ3試合ではハーフタイムで必ず選手交代を行なっていたのが、この試合はなかった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル