top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『パラサイト 半地下の家族』が日本で舞台化 台本・演出は『焼肉ドラゴン』鄭義信

Real Sound

COCOON PRODUCTION 2023『パラサイト』©︎2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 映画『パラサイト 半地下の家族』が日本で舞台化され、2023年6月より東京・大阪で上演されることが決定した。

参考:『パラサイト』はなぜオスカーを受賞できたのか? 日本映画にはなかった韓国の“長期的視点”

 第72回カンヌ映画祭で韓国映画初となるパルムドールの受賞を果たし、第92回アカデミー賞では非英語作品として史上初の作品賞受賞のほか、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の計4部門受賞という快挙を成し遂げた、『グエムル-漢江の怪物-』『母なる証明』のポン・ジュノ監督作『パラサイト 半地下の家族』。2019年に韓国で公開され、観客動員数は1,000万人を突破。日本でも瞬く間に大ヒットとなり、2020年に公開された外国映画の中では最高の興収を記録した。

 そんな『パラサイト 半地下の家族』が日本で舞台化。台本と演出を手がけるのは、映画『愛を乞う人』や『焼肉ドラゴン』、舞台『泣くロミオと怒るジュリエット』などで知られる脚本・演出家の鄭義信。ポン・ジュノ、鄭義信の両氏と親交が深い、李鳳宇プロデューサーが企画を担当する。

 日本版では、90年代の関西に舞台を移し、先が読めないもう一つの“半地下の家族”の物語を展開。堤防の下にあるトタン屋根の集落。川の水位より低く一日中陽がささず地上にありながら地下のような土地で、金田文平の家族は家内手工業の靴作りで生計を立てて暮らしている。一方、対称的な高台にある豪邸で、永井慎太郎、妻の千代子、娘の繭子、引きこもりの息子・健太郎が、ベテラン家政婦の安田玉子とともに暮らしている。文平の息子の順平は妹の美妃が偽造した大学の在籍証明を利用し、繭子の家庭教師としてアルバイトを始める。息子の健太郎のアートセラピーの教師として、美妃が、慎太郎の運転手や玉子がクビになるように仕向け、その後釜に、文平と妻の福子が、と一家は永井家に寄生していく。ラストには、舞台ならではの展開も用意されている。

広告の後にも続きます

 公演は、来春オープンする東京・新宿のTHEATER MILANO-Zaで2023年6月5日から7月2日、大阪・新歌舞伎座で2023年7月7日から17日にかけて行われる。チケットの詳細や出演者の情報は追って発表される。

【鄭義信 コメント】
全世界で爆発的ヒットとなった映画「パラサイト」の舞台化ということで、緊張と不安と興奮を覚えています。思い切って、舞台をソウルの下町から日本の関西の下町に置き換えることにしました。原作を損なうことなく、いかにリアルな物語として、日本の観客の皆様にごらんいただけるか……そして、新たな舞台版「パラサイト」をつくりあげることができるのか……劇場に足をお運びくだされば、幸いです。これ以上はないだろうという素晴らしいキャストを迎え、スタッフ一同、意気込んでおります。どうぞご期待ください。

(リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング

ジャンル