top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【新日本】毘沙門が帝国軍を熱戦撃破で4勝目 「ここからが本当のサバイバル」

プロレス/格闘技DX

【新日本】毘沙門が帝国軍を熱戦撃破で4勝目 「ここからが本当のサバイバル」

『WORLD TAG LEAGUE 2022 & SUPER Jr.TAG LEAGUE 2022』兵庫・加古川市立総合体育館(2022年12月3日)
「WORLD TAG LEAGUE 2022」公式リーグ戦 ○後藤洋央紀&YOSHI-HASHIvsグレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレ×

 後藤&YOSHI-HASHIがオーカーン&ヘナーレを熱戦の末に撃破して4勝目。「ここからが本当のサバイバル」と残り全勝を誓った。

 史上3組目の連覇を狙う昨年覇者・毘沙門はここまで3勝2敗・勝ち点6。首位のオージー・オープンを2失点差で追う状況でこの日、6戦目を迎えた。

 相手は4勝2敗・勝ち点8のオーカーン&ヘナーレ。序盤から毘沙門が好連係を見せる。ダブルショルダータックルでオーカーンをなぎ倒し、後藤がヒップトスでYOSHI-HASHIを投げる人間爆弾攻撃を敢行。太鼓の乱れ打ちでヘナーレとオーカーンをなで斬りにした。ならばとオーカーンがモンゴリアンチョップを乱れ打ち、ヘナーレはサッカーボールキック、セントーンの連続攻撃を見舞ったが、後藤は起死回生の時間差ラリアットで逆襲した。

 YOSHI-HASHIは逆水平、ヘッドハンター、トップロープに乗せての後頭部へのドロップキックと得意技を連発したが、オーカーンも高速ブレーンバスターからのパンケーキホールドで反撃。ヘナーレがエルボーをフルスイングすれば、毘沙門は後藤が村正、ブルドッギングヘッドロックの連続攻撃で巻き返した。

 帝国軍はオーカーンのフロントハイキックとヘナーレのミドルキックのサンドイッチ攻撃で逆襲する。オーカーンがYOSHI-HASHIを大空スバル式羊殺しで分断すると、ヘナーレがStreets of Rageを仕掛けたが、後藤は不時着。YOSHI-HASHIがトラースキックでヘナーレの動きを止めると、後藤の河津落としとYOSHI-HASHIのヘッドハンターを同時にさく裂。消灯の構えに入った。

 するとオーカーンが飛び込んで妨害。YOSHI-HASHIを大空スバル式羊殺しで捕らえ、ヘナーレがクロスヒールホールドで加勢。そのままYOSHI-HASHIを叩きつけて撃退すると、孤立した後藤にヘナーレがランペイジを敢行した。が、後藤はギリギリで肩を挙げた。YOSHI-HASHIがラリアットでオーカーンを撃退し、ヘナーレにトラースキックを見舞うと、すかさず合体技・消灯を爆発させて3カウントを奪った。

 毘沙門が帝国軍を熱戦の末に撃破して4勝目。勝ち点を8に伸ばした。公式戦は残り3試合で次戦は12・5唐津大会。鈴木&アーチャーとの対戦を控える。後藤が「やっぱり歓声があるのは違うね。俺自身も闘志がかき立てられる。その声援に背中を押されて今日も勝てたと思う」と振り返れば、YOSHI-HASHIは「ここからが本当のサバイバル。もうこれから先、1敗というのは本当に痛いことで、当然、俺と後藤、毘沙門は負けない」と気を引き締め、残り全勝による決勝進出を誓っていた。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル