top_line

【千葉J vs 秋田】東地区首位を走る千葉Jに秋田・田口が一泡吹かせることができるか

バスケットボールキング

【千葉J vs 秋田】東地区首位を走る千葉Jに秋田・田口が一泡吹かせることができるか

■千葉ジェッツ vs 秋田ノーザンハピネッツ(@船橋アリーナ)
GAME1:12月3日15時5分 GAME2:12月4日15時5分

 アウェーでのレバンガ北海道戦を白星で終え、千葉ジェッツが東地区首位を堅持。第2クォーターにクリストファー・スミスが14得点を荒稼ぎし、原修太と佐藤卓磨も加勢して大量リードを奪うと、第3クォーターも勢いは止まらず最大で32点リード。第4クォーターは反撃にあったが、大勢に影響はなかった。3試合欠場していたヴィック・ローも故障明けとしてはまずまずの出来で、ハードスケジュールの待つ12月に向けて態勢は整った。

 対するは秋田ノーザンハピネッツ。前節のアルバルク東京戦は第1クォーターに27得点を挙げて主導権を握ると、その後はディフェンスも機能して第4クォーターに突き放す会心の勝利だった。ケレム・カンターの不在は続いているが、田口成浩が20得点、古川孝敏が17得点と日本人選手の得点源が役割を果たしてチームをけん引。このところアシストも冴えているスティーブ・ザックが今シーズン最多の9アシストで、チームへのフィット感を増している印象だ。

 今シーズンの秋田は得点面で田口と古川、スタントン・キッドがその中心を担っているが、特に際立つのが田口の好調ぶりだ。3ポイントシュート成功率が45パーセントを超え、1試合平均13.7得点はキッドに続くチーム2位。昨シーズンもアウェーでの千葉J戦は3試合中2試合で2ケタ得点をマークした田口が、一昨シーズンまでの3シーズンを過ごした古巣を相手にどのようなパフォーマンスを披露するかという点に注目したい。

 文=吉川哲彦

広告の後にも続きます

■ロスター
・千葉J(HC:ジョン・パトリック)
富樫勇樹
ヴィック・ロー
二上耀
西村文男
大倉颯太
佐藤卓磨
ギャビン・エドワーズ
ラシードファラーズ
荒尾岳
原修太
ジョン・ムーニー
クリストファー・スミス

・秋田(HC代行:ケビン・ブラスウェル)
スティーブ・ザック
王偉嘉
大浦颯太
田口成浩
スタントン・キッド
ケレム・カンター
川嶋勇人
伊藤駿
中山拓哉
長谷川暢
多田武史
保岡龍斗
古川孝敏

TOPICS

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル