top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『舞いあがれ!』横山裕の恋のお相手は? 『カムカム』『花子とアン』歴代朝ドラから予想

Real Sound

『舞いあがれ!』写真提供=NHK

 癖が強く難ありとも言える兄の登場が続いている朝ドラだが、『舞いあがれ!』(NHK総合)もどうやらその例に漏れないようだ。ヒロイン・舞(福原遥)の兄・悠人(横山裕)は「指一本動かすだけで億稼げる人間になる」と豪語していたが、第8週では商談相手に対して「3カ月ですでにリターンは13%あげています。投資額は1億円からです」と自身の投資実績を自信満々に語っている姿が映された。新卒で入社した会社をついに辞め、投資家として独立したのだろうか。

 参考:【写真】悠人(横山裕)からの電話に出る舞(福原遥)

 近年の朝ドラにおける問題児の兄と言えば、前作『ちむどんどん』の暢子(黒島結菜)の兄・賢秀(竜星涼)と、前々作『カムカムエヴリバディ』の安子(上白石萌音)の兄・算太(濱田岳)が真っ先に挙げられるだろうが、彼らは夢見がちでお金にルーズ、そして惚れやすく、恋をすると気が大きくなってしまう。賢秀は一目惚ればかりを繰り返していたが、最終的には自分が夢破れては出戻る猪野養豚場の清恵(佐津川愛美)の大切さに気づき、見事結ばれた。

 実家の和菓子屋を継がずダンサーになると突然出て行った算太は、安子の嫁ぎ先である雉真家に姿を現し、そこで出会った女中・雪衣(岡田結実)に恋をして振られると、安子と一緒に貯めたお金を持って行方をくらましてしまう。

 今のところ、本作では悠人の周囲の人間関係が明らかにされておらず、彼がこれから恋愛をするのか、する場合はお相手が誰なのかは不明だが、ヒロインの友人や幼なじみというパターンであれば考えられるのは、ラグビーカフェ・ノーサイドでバイトする舞の幼なじみ・久留美(山下美月)だろうか。

広告の後にも続きます

 『花子とアン』では花子(吉高由里子)の兄・吉太郎(賀来賢人)が、妹の学友で“腹心の友”である醍醐亜矢子(高梨臨)と結婚していたが、もしかすると舞の航空学校の同期で、寮でも同部屋の矢野倫子(山崎紘菜)なども悠人と遭遇の可能性があるのだろうか。そういえばヒロインと同じ下宿先で、ヒロインの周囲の人物と出会い交際を始めていた存在として思い出されるのが、『おかえりモネ』の幼なじみ・明日美(恒松祐里)とヒロインの職場の先輩“マモちゃん”こと内田(清水尋也)の2人だ。

 悠人から舞に届いた小包の中身――金色に光るビリケンのような置物の正体や狙いも謎に包まれたままだが、自分とは全く異なる道を歩む舞のことを面白がりながらも、頼もしそうに見ている兄の眼差しが終始感じられる。両親からの電話には一切出ないのに、舞からの電話にはなんだかんだ対応するのも悠人の不器用さを物語っていて、変わらず今後の動向が気になる存在だ。(佳香(かこ))

TOPICS

ジャンル